私たちの仕事

開発者が語る超高精細CT装置「Aquilion Precision」の開発秘話
アプリケーションスペシャリスト Kさん

アプリケーションスペシャリスト
営業本部 MRI営業部
アプリケーション担当

医学系研究科 保健学専攻 卒

これが私の仕事

医療機器の操作説明、臨床情報の提供

【アプリケーションスペシャリスト】は、CT、MRI、超音波診断装置などの医療機器装置を導入いただいた病院に対し、装置の使用方法や検査方法の説明、撮影指導を行ったり、専門知識を活用した営業支援活動、学会や展示会での製品デモンストレーションなどを行う仕事です。また、臨床や学会の最新情報の提供なども行っています。

私はMRI装置担当のアプリケーションスペシャリストなので、MRIに特化して説明を行なっています。配属先の支社によって1日の動き方は多少異なりますが、1日1~2件、納入先病院を廻って定期的なフォローを行うのが主。もちろん新規導入のお客様の場合は、製品の原理から詳しく説明していきます。

だからこの仕事が好き!一番うれしかったことにまつわるエピソード

「患者さんへ良い医療を提供できたよ」とのコメントをいただきました!

医療は、いかに患者さんへ優しいものであるか、また正確に診断できる情報をご提供できるかという点が大切だと思います。私たちは、医療従事者の方々と直接お会いする仕事になりますが、その先にいらっしゃる、医療機器で検査を受けられる患者さんのことを第一に考えています。

例えば、撮像方法の難しい検査オーダーが出た際、私たちはその検査方法、操作方法を医療従事者の方々に説明します。直接、患者さんにはお会いしませんが、医療従事者の方々から「患者さんへ良い情報提供、医療が提供できたよ」とのコメントをいただけると、大変うれしく、仕事のやりがいを感じます。また、装置の使用方法説明の際、「分かりやすい」「理解できた!」と直接的なお言葉をいただける点も、大変うれしく感じる瞬間です。

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由
ここが好き

患者様の「命」に貢献できるという絶対的な自信を持てる企業です!

私がこの会社を選んだ理由は、営業として自分が自信を持ってお客様にお勧めできる製品を扱う企業だと思ったからです。私たちの仕事はかけがえのない「命」に関わる製品を取り扱う、非常に責任がある仕事です。私は就職活動時、医療に携わる仕事がしたいと思い、そして、かけがえのない「命」に関わる製品なら、自分が絶対的に自信が持てる製品を扱う企業で働きたいと思いました。その中で、X線装置の低被曝技術やMRIの静音機構など患者様のことを考えた先進的な技術を有した企業である東芝に非常に惹かれ、この会社であれば営業として自信を持って提案を行うことができ、また患者様の命に確実に貢献できると思い、当社に入社することを決めました。

これまでのキャリア

2010年4月/新卒入社

これまで手掛けた仕事

MRI装置の取り扱い説明、学会・展示会でのデモンストレーション、データカタログ集の作成、顧客向け教育カリキュラムの実施

この仕事のポイント

職種系統 営業(企業向け・得意先中心)
仕事の中身 人の健康を支える仕事
仕事の
スタイル
機敏なフットワークと行動力が必要な仕事
仕事で
かかわる人
その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身に
つくもの
臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いて
いる性格
人の気持ちを理解し、相手に合わせた対応がとれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

最初は漠然と入社したい企業を選び、エントリーしていくと思います。そこで、何故その企業に入りたいと思ったのか、その企業の事業や理念が自分の軸や経験とリンクしている部分があるかなど、その理由を深堀していけば、面接でどんな質問をされても容易に答えは浮かんでくると思います。最終的には内定を貰う事がゴールではなく、その企業に入って活躍する事が重要ですので、それを念頭において、自分が活躍できる会社を選ぶことが最良だと思います。頑張って下さい!