ご確認ください

東芝メディカルシステムズウェブサイト(www.toshiba-medical.co.jp)は、
薬事法対象商品の情報を医療従事者向けにお届けするためのコンテンツを含んでおります。
お客様がアクセスされたページは医療従事者向けの情報を掲載しているため、
閲覧は医療従事者限定とさせていただきます。

あなたは医療従事者(医師、診療放射線技師など)ですか?

閲覧のためにJavascriptを有効にしてください。

はいいいえ

◎「いいえ」の場合は、東芝メディカルシステムズWebサイト内「一般のお客様へ」ページへリンクします。

トップページ > イベント > Aquilion ONE 臨床セミナー報告

イベント

Aquilion ONE™ 臨床セミナー報告

12月6日(木)ウェスティンナゴヤキャッスルホテルにて、Aquilion ONEの臨床セミナーを開催しました。これは11月25日から29日まで米国シカゴで開催されたRSNA2007(北米放射線学会)でのAquilion ONE展示・発表に続く国内初のセミナーでした。座長に名古屋大学大学院医学系研究科量子医学分野 長縄慎二先生を、講師には世界で最初にAquilion ONEを臨床使用開始され、すでに400例以上の臨床実績をお持ちになる藤田保健衛生大学 放射線医学教室教授 片田和広先生をお招きし、その魅力と実際の臨床に関するご講演をいただきました。
講演の前に弊社CT事業部 大久保よりRSNAの報告と、Aquilion ONEの特長とスペックの紹介を行いました。

Aquilion ONE 開発の歴史の奥深さを説き明かす

片田先生の臨床講演で、まず先生はArea Detector CT 開発の歴史に触れられました。すでに1990年には東芝技術者とその構想についてブレーンストーミングを開始、1998年にはNEDOプロジェクト4D-CT研究班の中で現在の Area Detector CTの基礎となるCT検出器の仕様を決定、ついで2002年に4D-CT研究機が放射線医学総合研究所に設置と、その歴史を振り返り、Aquilion ONE 開発の歴史の奥深さを強調されました。
4D-CT研究機では撮影範囲が12.8cmでしたが、より広い範囲が求められる臨床ニーズに応え、Aquilion ONEでは撮影範囲が16cmに拡大されています。これにより主要臓器全体を1回転で撮影可能となり、臨床的メリットは極めて大きくなったと片田先生はコメントされました。撮影範囲に加え、臨床家からのフィードバックが数多く反映されたAquilion ONEは、臨床家とメーカ技術陣とのコラボレーションの優れた成功例と言えます。


藤田保健衛生大学
放射線医学教室教授
片田和広先生

不可能を可能に。新しい臨床応用の可能性に期待

続いて、従来CTでは描出困難あるいは画像化不可能だった臨床例を多数紹介いただきました。
頭部領域では、まずルーチン検査がどのように変わるかを示されました。ビデオ撮影したルーチン頭部撮影風景を供覧しながら、One shot scanで検査が非常に高速,簡便になること、また、小児などではより負担を少なくできることを強調されました。 続いて,従来CTでは得られなかった3D-CTの動態情報がAquilion ONEで得られるようになったこと、1回の低被ばくスタディで、全脳の3D-CT Arteriography, Venography,並びにその高精度フュージョン画像、更には Subtraction CT Angiography (CT-DSA) による血流の動態観察も可能となったこと、加えて1回のスタディで全脳のCT Perfusion検査もでき、虚血性脳疾患に対し、低被ばくで形態、動態と機能、そしてそれらの高精度フュージョン画像が得られるようになったとAquilion ONEの臨床メリットを強調されました。今後、多くの頭部血管造影(カテーテル)検査をこのCTに置き換えられる可能性も示唆されました。

心臓領域では従来CTでは達成できなかったデータの等時相性を強調され、画質の飛躍的な向上を示されました。ヘリカルスキャンでの複雑なデータ収集手法とArea Detector CT1回転のシンプルなデータ収集手法をアニメーションで分かりやすく説明され、実際の臨床ケースで、ノイズの少ない、また従来CTでは散見されるバンディングアーティファクトの全くない画像を紹介されました。しかも低被ばく撮影であることと、より少ない造影剤での検査であることも強調されました。加えて1回のスタディで機能解析も可能で、従来の生理学的検査を置き換える可能性も示唆されました。

胸腹部領域では、ルーチン検査として、Wide-Volume ScanというStep&Shootによる撮影方法を紹介されました。簡単に広範囲の撮影が可能で、Wide-Volume scanによるRun-offのデータなどを紹介されました。四肢、整形領域では、関節、じん帯の動態画像を紹介され、Area Detector CTの新しい臨床応用の可能性に期待を寄せられました。

最後にAquilion ONE のRSNA発表は
「上級機仕様の製品を日本のメーカが世界で最初に導入した快挙である」との言葉で締めくくられました。


名古屋大学大学院
医学系研究科量子医学分野
長縄慎二先生


200名を超える来場者で会場は満席、
Aquilion ONEへの大きな期待が伺えます。

NEDO:新エネルギー産業技術総合開発機構
Aquilion ONEは東芝メディカルシステムズ株式会社の商標です。
東芝スキャナAquilion ONE TSX-301A  認証番号: 219ACBZX00029000
Aquilion ONE™ 製品情報

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。