ご確認ください

東芝メディカルシステムズウェブサイト(www.toshiba-medical.co.jp)は、
薬事法対象商品の情報を医療従事者向けにお届けするためのコンテンツを含んでおります。
お客様がアクセスされたページは医療従事者向けの情報を掲載しているため、
閲覧は医療従事者限定とさせていただきます。

あなたは医療従事者(医師、診療放射線技師など)ですか?

閲覧のためにJavascriptを有効にしてください。

はいいいえ

◎「いいえ」の場合は、東芝メディカルシステムズWebサイト内「一般のお客様へ」ページへリンクします。

イベント

JRC2013 ITEM 2013

JRC 2013は終了いたしました。東芝ブースおよびセミナーへ多くのご来場を頂きありがとうございました。
開催期間中の模様を「速報 Booth Report」にてご紹介しています。

速報 Booth Report ITEM 2013

Improving the Quality of Life

東芝ブースでは「Improving the Quality of Life」をキーメッセージに、診断や治療に最適な診断画像を提供するための最新のテクノロジーを数多くの機器展示と臨床画像で紹介します。このキーメッセージには、高精細な診断画像を提供するとともに、患者さんや医療従事者の被ばくや負担を減らし、すべての人に優しい医療機器を提供してゆくことが私たちの使命であるとの思いを込めています。特に今年は、トレード・オフの関係にある画質と線量の課題に対して、東芝の開発した最新低線量撮影技術の数々を豊富な臨床データとともにご覧いただきます。

Made for Life

展示会

国際医用画像総合展 ITEM 2013 東芝ブース

期間: 2013年 4月12日
4月13日
4月14日
(金)10:00~17:00
(土)9:30~17:00
(日)9:30~13:00
会場: パシフィコ横浜 展示ホール B・C・D
ブース地図
 

セミナー

JRC 2013 学会共催セミナー

国内外の臨床最前線で活躍されている著名な先生方に、CT・MRIに関する最新の技術、臨床応用についてご講演いただきます。詳細情報はセミナーご案内パンフレットをご覧ください。

【CT】ランチョンセミナー12 Aquilion ONE™/ ViSION Edition最新臨床応用
-次世代面検出器CTのあたらしい画像診断-

日時

2013年4月13日(土)12:00~12:50

詳細情報(PDF:761KB)

会場

パシフィコ横浜 会議センター「メインホール」

司会: 片田 和広先生(藤田保健衛生大学医学部 放射線医学教室)
演者1: 村山 和宏先生(藤田保健衛生大学医学部 放射線医学教室)
「Aquilion ONE /ViSION Editionの頭部領域への臨床応用」
演者2: 真鍋 徳子先生(北海道大学病院 放射線診断科)
「Aquilion ONE /ViSION Editionを用いた心筋パーフュージョン検査」
演者3: 陣崎 雅弘先生(慶應義塾大学医学部 放射線科学教室)
「Aquilion ONE /ViSION Editionの動態診断への臨床応用」

【MR】ランチョンセミナー26 最先端3T MRIの臨床応用

日時

2013年4月14日(日)12:00~12:50

詳細情報(PDF:1.1MB)

会場

パシフィコ横浜 会議センター「304」

司会: 粟井 和夫先生(広島大学大学院医歯薬保健学研究院 放射線診断学研究室)
演者1: 大田 英揮先生(東北大学病院 放射線診断科)
「3T MRIを用いた体幹部、末梢動脈領域の非造影MRA
 -知っておかねばならない撮像原理と使い分け-」
講演2: 岡田 知久先生(京都大学大学院医学研究科 放射線医学講座)
「3T-MRI&32ch頭部コイル:脳神経領域における最前線」
 

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。