ご確認ください

東芝メディカルシステムズウェブサイト(www.toshiba-medical.co.jp)は、
薬事法対象商品の情報を医療従事者向けにお届けするためのコンテンツを含んでおります。
お客様がアクセスされたページは医療従事者向けの情報を掲載しているため、
閲覧は医療従事者限定とさせていただきます。

あなたは医療従事者(医師、診療放射線技師など)ですか?

閲覧のためにJavascriptを有効にしてください。

はいいいえ

◎「いいえ」の場合は、東芝メディカルシステムズWebサイト内「一般のお客様へ」ページへリンクします。

イベント

RSNA2007

米国の医療は、財政赤字削減法(DRA)による医療費削減の影響や、五千万人にのぼる医療保険未加入者の問題(映画「SiCKO」)が大統領選挙の争点の一つになるなど、大きく揺れた一年でした。ラジオロジーの世界では、マルチスライスCTのアプリケーションやMRの撮像技術が大きな拡がりを見せ、オンコロジーとPET-CTに代表されるイメージングの関係が強まり、さらに肺がんCTスクリーニング、大腸CT仮想内視鏡に関する大規模臨床試験の報告が相次いだことなどがトピックスとして挙げられます。また、冠動脈CT検査におけるエビデンスの蓄積が進み、AHA(米国心臓協会)における"CorE64"スタディの最終結果が示されたことにより、これにひとつのピリオドが打たれました。

本年のRSNAは「Connecting Radiology」というテーマを掲げ、“サイエンスとテクノロジー”、“イメージングとオンコロジー”、“医療ITと診療”の架け橋となることを目指しています。巨大なマコーミックプレースの会場では、今年も数多くのイベントや展示が繰り広げられ、世界百ヶ国以上から六万人以上が参加、活発な議論を交わしました。

 

主なイベント
Refresher Courses
リフレッシャーコース [教育コース]
各分野のエキスパートによる教育講演で、300以上ものコースが用意されています。
Scientific Sessions
サイエンティフィック・セッション [学術研究発表]
RSNAでは16の研究分野に細分化されており、計1,500演題が200のセッションに分かれて口述発表が行われます。
Scientific Posters
サイエンティフィック・ポスター [ポスター発表]
16の研究分野で計500以上の学術ポスターが並びます。
Education Exhibits
エデュケーション・イグジビッツ [教育展示]
16の研究分野で計1,000題以上の教育展示が行われます。最近では、PCプレゼン方式の発表が大幅に増えています。また、IT系の教育展示も充実しています。
Technical Exhibits
テクニカル・イグジビッツ [技術展示]
医療関連で世界最大規模の展示会です。700以上の企業・団体が、最新機器・ITシステム等の展示を競う光景は壮観です。

東芝はグローバルな総合イメージング企業として、このRSNAで長年に亘り最先端の機器・システムを展示、
さらにお客様との共同研究発表や東芝技術者による学術発表を継続してきました。
そして、今年も数々の新しいテクノロジーやWIP(Works in progress)を世界に向けて発信します。

Photo Report

RSNA2007の現地の様子を写真でレポートします。

  • シカゴ市内
  • マコーミックプレイス
  • 東芝展示ブース
  • 東芝CTセミナー

機器展示

北米放射線学会(RSNA)に併設される医療機器展示は世界最大規模であり、世界中の企業が広大な展示スペースに華やかなブースを構えます。11月に開催されるRSNA2007において、東芝はグローバルに事業を展開するトータルソリューションカンパニーとして最先端の機器・システムを展示し、さらにお客様との共同研究発表や東芝技術者による技術発表を行います。

開催日時 2007年11月25日(日)~29日(木) ※学会は11月30日(金)まで開催
10:00~17:00(最終日は14時まで)
展示会場 McCormic Place, Chicago North Building - Hall B 7130
主な機器展示
CT
CT
MR
MR
US
US
X-ray
X-ray
PACS
PACS

会場案内

McCormic Place, Chicago

McCormic Place, Chicago
North Building - Hall B 7130

RSNA2007公式サイト
McCORMICK PLACE CHICAGO

ブース地図

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。