トップページ > 一般のお客様へ> FBI検査法とは?

FBI検査法とは?

QFBI(エフ・ビー・アイ)って何のこと?

AFresh Blood Imaging(フレッシュ・ブラッド・イメージング)の頭文字をとった略語です。
造影剤が入っていない新鮮な血液をMRIで画像化するという意味のMRIの新しい血管撮像法のことです。

FBIは、造影剤を使わないMRIによる新しい血管撮像法です。これまでの方法では見えにくかった下肢(足の先)や四肢(手足)の細かい血管まで鮮明に描出できるようになりました。

造影剤を使わずに動脈と静脈とを分けて描出できることが、FBIの大きな特長です。動脈と静脈とを分けて画像化することは、診断の情報として、とても有用です。

造影剤を使った従来のMRA造影剤を使った従来のMRA
FBIによる動脈像 FBIによる動脈像
動脈像で病変部分が鮮明に観察できます。
FBIによる静脈増 FBIによる静脈像
大腿の閉塞性動脈硬化症の例

※MRAngiography(MRアンギオグラフィ)=MRIの血管撮像


Qなぜ造影剤を使わなくても血管が見えるの?

A造影剤の影を画像化するのではなく、 体内を流れている血液そのものから出るMR信号を、
たくみに画像化しているからです。

血液成分そのものはMR信号を多く持っているのですが、体内では血液が動いています(血流現象です)。 このため従来のMRIでは、鮮明に血液信号をとらえることが困難でした。

FBI法は、まるでカメラのシャッタースピードを速くしたように、動いている血液の信号をつかまえることができます。こうしてつかまえた信号は、断層像で白く描かれ、血液が強調された元画像になります(左下画像)元画像をかさねて三次元画像処理すると、立体的な血管像として描出されます。

FBIの元になる画像
FBIの元になる画像
血液が強調された断層像を撮像します。撮像は通常のMRI検査とかわりません。
FBI画像
FBI画像
3次元画像処理することで血管像全体が得られます。各方向から詳しく観察できます。

QFBIは、どんな病気に有用なの?

A特に四肢の血管の病気を診断するのに有用と言われています。
下肢閉塞性動脈硬化症下肢閉塞性動脈硬化症
左:FBI 右:X線アンギオ
X線を使った血管像とくらべて、FBIではそん色ない情報がえられています。
下肢閉塞性動脈硬化症下肢閉塞性動脈硬化症
左:FBI 右:マルチスライスCT
16列マルチスライスCTの血管像とくらべて、FBIではそん色ない情報がえられています。
下腿部 静脈瘤FBI下腿部(膝下部分)静脈瘤FBI
静脈瘤が鮮明に描出されています。

Qどんな検査なのでしょうか?

A通常のMRI検査とまったく同じです。装置の寝台に横たわるだけの検査です。
  • 被ばくの心配がありません。
    何度でも安心して検査を受けることができます。
    造影剤の注射はありません。
    検査のためにお薬を飲むこともありません。
  • 心臓ペースメーカを付けた方は、検査ができません。
    手術などで体内に磁性体を埋め込んだ方は、病院にご相談下さい。
    検査前には身につけた磁性体をはずすために、更衣をしていただきます。
装置寝台

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。