MRI Q&A

MRI Q&A
MRIに関する素朴な疑問にお答えします。
Q1 MRIとCTってどう違うの?

どちらも体の断層画像を撮影する装置ですが、最も大きな違いは画像を得る手段です。CTでは“ X線”を使って画像を得るのに対し、MRIは大きな磁石による“ 強い磁場”とFMラジオに使われているような“電波”を使って画像を得ます。ですからMRIは放射線による被曝がなく、小児や健常な方も安心して検査を受けることができると言われています。
ただし強い磁場を使っているので、CTには見られないMRIならではの制限や注意があります。
MRIの画像とCTの画像では見えるものが違うの?

MRIは、診断を行なうために適した断面を縦、横、斜めなど自由に撮影できるのが特長です(最近はCTでも身体を横に輪切りにした画像だけでなく、縦切りなども描出できるようになりましたが、それでも自由度はMRIの方が優れています)。
また、MRIはX線を使うCTと違って骨や空気による画像への悪影響が全く無いため、例えば頭蓋骨に囲まれた脳や脊髄などの診断に適しています。さらに薬(造影剤)を使わなくても主な血管の画像が簡単に得られるなどの特長があります。
Q3 MRIの特長は?

無侵襲または低侵襲で安全な検査です。(放射線による被曝が無い)
目的に応じて優れた画像コントラストが得られます。
骨や空気による悪影響がないため、脳や脊髄などを鮮明に診断できます。
縦、横、斜め方向の断面が得られるので理解がしやすい。また3次元の画像も得意。
造影剤を使わなくても、あるいは最小限の造影剤で大きな血管に関する情報が容易に得られる。(MRアンギオグラフィ)
Q4 MRI検査ではどんな疾患が発見できるのですか?

頭部や脊髄・脊椎、関節等動きの少ない部位が得意ですが、最近は胸腹部、心臓、消化器分野など全身部位で広く有用性を発揮しています。

MRIが有効な疾患とは?(一例)
脳神経外科・神経内科 脳の腫瘍、脳血管性疾患、変性疾患、脳奇形、外傷、
脳血管のスクリーニング検査(脳ドック等)
整形外科 頚椎症、胸椎・腰椎のヘルニア、脊髄腫瘍、脊髄奇形、
骨軟部腫瘍、関節の靭帯損傷、半月板損傷など
消化器内科・外科 肝・胆・膵の腫瘍性病変、
胆道・膵管のスクリーニング検査(MRCP)など
小児科 小児全身の異常
婦人科 子宮、卵巣の異常
泌尿器科 腎臓、膀胱、尿管の異常
耳鼻咽喉科 内耳、小脳橋角部、咽頭・口頭の異常
眼科 眼窩や眼球内部の腫瘍など
Q5 MRAとMRIはどう違うの?

MRAとはMRI装置を使用した血管撮影
(MR Angiography;MRアンギオグラフィ)のことです。異なる装置で検査するわけではありません。 特長としてX線による血管造影検査と違い、造影剤を使わずに検査することが可能です(検査の種類によっては少量の造影剤を使用する場合もあります)。 MRA検査は、数多くのMRI検査メニューの一種なのです。
Q6 検査時間はどれ位ですか?

MRI検査は一般的にCT検査よりも時間がかかると言われています。検査部位や撮影の種類にもよりますが、数年前では1時間以上かかっていたような検査内容も、新しい装置では30分程度で終了します。しかしそれでもCT検査よりも時間が長いことがデメリットと言えるでしょう。
Q7 どうして検査時に大きな音がするの?

MRIでは画像を得るために、磁場を微妙に変化させる必要があります。この際装置そのものから大きな音が発生してしまいます。この音は一般的に、綺麗な画像が得られる磁場の強い装置ほど大きくなります。最新の高性能の装置では検査時間は短縮されましたが、その代わりに音が大きくなってしまいます。電車の通るガード下や、場合によっては飛行機離着陸直下に相当するほどの大きな音がすることもあります。
ちなみに東芝ではMRI検査時の音を静かにする画期的な新技術を開発しました。音が静かであればよりリラックスしてMRI検査を受けて頂けると思います。
Q8 脳ドックについて教えて下さい。

脳ドックの目的は、健常な方を対象にMRI、MRAなどの検査によって自覚症状が出ない(発病していない)段階で脳や脳血管の病気、あるいはその危険を発見し、病気の発症あるいは進行を予防しようとすることです
主に、クモ膜下出血の原因となる脳動脈瘤や血管異常の発見、脳卒中や痴呆に深いかかわりのある動脈硬化の発見や無症状の脳梗塞や脳腫瘍など脳の病気の早期発見などに有用と言われています。

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。