ご確認ください

東芝メディカルシステムズウェブサイト(www.toshiba-medical.co.jp)は、
薬事法対象商品の情報を医療従事者向けにお届けするためのコンテンツを含んでおります。
お客様がアクセスされたページは医療従事者向けの情報を掲載しているため、
閲覧は医療従事者限定とさせていただきます。

あなたは医療従事者(医師、診療放射線技師など)ですか?

閲覧のためにJavascriptを有効にしてください。

はいいいえ

◎「いいえ」の場合は、東芝メディカルシステムズWebサイト内「一般のお客様へ」ページへリンクします。

最新号
Neuro Imaging Special Issue 2003. 9
Cardiology Special Issue 2003.3
81号~90号
71号~80号
64号~70号
メディカルレビュートップへ
   東芝メディカルシステムズ株式会社 > ライブラリー > メディカルレビュー > メディカルレビュー Cardiology Special Issue > メディカルレビュー Cardiology Special Issue
メディカルレビュー Cardiology Special Issue
Cardiology Special Issue
米山 直樹
超音波診断装置 Aplioに搭載されたAdvanced-ACT計測機能について

米山 直樹1・西浦 正英2・辻野 弘行3
1 東芝医用システムエンジニアリング(株) 技術部
2 (株)東芝 研究開発センター マルチメディアラボラトリー
3  同   医用システム社 医用機器・システム開発センター 超音波開発部

●ABSTRACT

Naoki Yoneyama1, Masahide Nishiura2, Hiroyuki Tsujino3
1 Engineering Dept., Toshiba Medical Systems Engineering Co., Ltd., Tochigi, Japan
2 Multimedia Laboratory, Corporate Research & Development Center, Toshiba Corporation, Kanagawa, Japan
3 Ultrasound Systems Development Dept., Medical Systems Research & Development Center, Medical Systems Company, Toshiba Corporation, Tochigi, Japan

Advanced-ACT measurement function in the diagnostic ultrasound system Aplio

We have developed a new measurement function that is based on the Automated Contour Tracking (ACT) method. This measurement function makes it possible to calculate the pump function of the left ventricle from echocardiographic images in the Aplio diagnostic ultrasound system. The ACT method was previously implemented in the workstation for the PowerVision ultrasound system, but system performance was limited. We have therefore developed advanced new technology called the "partial shape constraint contour model" for the Aplio system. As a result of this new technology, system performance is significantly improved by tracking the movements of the mitral annulus. We call this new method “Advanced ACT (A-ACT)” In this report, we briefly describe the Advanced ACT method, discuss recent technological developments, and present several clinical examples of mitral annular analysis.


●はじめに

 超音波診断装置を用いた心疾患の診断法の一つとして,左心室の容積・駆出率・および拍出量などから左心室の収縮機能を解析することが行われ,心臓のポンプ機能や壁運動を評価する目的で使用される。これらのデータは,超音波診断装置で心臓部の心尖部アプローチにより得られる四腔断層像および二腔断層像で左心室内壁の輪郭をトレースし,その結果にAmerican Society of Echocardiography(ASE)が推奨するModified Simpson法1,2)の計算式を適用することで求められる。
 左心室内壁の輪郭をトレースする作業は,拡張末期心時相および収縮末期心時相の両方で行わなくてはならず,従来のマニュアルでのトレースでは非常に手間がかかり,作業者の負担が多大であるとともに再現性にも問題があると言われていた。
 本稿で紹介するA-ACT(Advanced Automated Contour Tracking)法による計測は,左心室内壁のエッジを検出し自動的に輪郭をトレースするため,上記の問題を軽減させるものである。今回,Aplioへの搭載に際して,後述するトレース精度向上策を盛り込み,さらに,研究用途の機能として,僧帽弁の弁輪部の動きを解析する機能も提供している。
 以下に,A-ACT法の概要,Aplioに搭載されたA-ACT法による計測機能の特長,そして臨床への適用例について述べる。

 
References
1) 吉川純一 他編著: 心臓病診療プラックティス 3.心機能を知る, 第1版, 文光堂, 1996
2) Pravin M. Shah et al.: Recommendations for Quantitation of the Left Ventricle by Two-Dimensional Echocardiography. Journal of American Society of Echocardiography, Vol.2(5):358-367, Sept.-Oct., 1989


<<back next>> index page


当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。