ご確認ください

東芝メディカルシステムズウェブサイト(www.toshiba-medical.co.jp)は、
薬事法対象商品の情報を医療従事者向けにお届けするためのコンテンツを含んでおります。
お客様がアクセスされたページは医療従事者向けの情報を掲載しているため、
閲覧は医療従事者限定とさせていただきます。

あなたは医療従事者(医師、診療放射線技師など)ですか?

閲覧のためにJavascriptを有効にしてください。

はいいいえ

◎「いいえ」の場合は、東芝メディカルシステムズWebサイト内「一般のお客様へ」ページへリンクします。

最新号
Neuro Imaging Special Issue 2003. 9
Cardiology Special Issue 2003.3
81号~90号
71号~80号
64号~70号
メディカルレビュートップへ
   東芝メディカルシステムズ株式会社 > ライブラリー > メディカルレビュー > メディカルレビュー Cardiology Special Issue > メディカルレビュー Cardiology Special Issue
メディカルレビュー Cardiology Special Issue
Cardiology Special Issue
川岸 哲也
造影超音波診断に有効な1.5ハーモニックイメージングの技術解説

川岸 哲也
(株)東芝 医用システム社 医用機器・システム開発センター 超音波開発部

●ABSTRACT

Tetsuya Kawagishi
Ultrasound Systems Development Dept., Medical Systems Research & Development Center, Medical Systems Company, Toshiba Corporation, Tochigi, Japan

Technical Description of 1.5-Harmonic Imaging, an Effective Technique for Contrast-Enhanced Ultrasound Diagnosis

When a high-power ultrasound pulse is applied to an ultrasound contrast agent consisting of air-filled microbubbles, the microbubbles are destroyed, resulting in the generation of non-linear echoes with a uniform distribution along the carrier frequency axis. In the body, the application of a high-power ultrasound pulse produces a fundamental echo and harmonic echoes that arise from the nonlinear characteristics of tissues. Unlike the harmonics generated by a contrast agent, the harmonics generated by the nonlinear propagation of ultrasound signals in tissues consist of only frequency components that are integral multiples of the fundamental.
The 1.5-harmonic imaging technique extracts and visualizes a frequency band whose center frequency is higher than the fundamental by a factor of 3/2. This frequency band is intermediate between the fundamental and the second harmonics and includes only bubble echoes and no tissue echoes. This imaging technique reduces tissue echoes without causing motion artifacts such as those that are seen in the pseudo-Doppler imaging technique. Contrast between tissues and bubbles is improved by 20 dB or more compared with the second-harmonic imaging technique. The waveform control feature of the Aplio system suppresses leakage of the fundamental, and digital signal processing ensures high performance in the extraction of bubble echoes from the intermediate frequency band.



●はじめに

 静脈投与型の造影剤が開発され,コントラストエコーが研究から臨床に広まりつつある。コントラストエコーの造影剤は気泡であり,肺を通って全身に行き渡るため,静脈投与された造影剤のうち染影に寄与する気泡のサイズは数ミクロン以下である(マイクロバブル)。超音波造影剤(以下,バブル)は,生体組織に比較し強い非線形性を示し,高音圧(~MPa, MI値~1.0)の超音波パルス照射下では破壊されながら強い非線形エコーを返すことが知られている。

 経胸壁の循環器のコントラストエコーでは,これまで図1に示したような問題点が議論されてきた。肋骨や肺の影響,心臓の動きなどに起因するものである。「1.5ハーモニックイメージング」1)(以下,1.5 HI)は,このような問題を背景として開発されたものであり,以下に原理と特徴を説明する。



References
1) 川岸哲也,嶺喜隆,神山直久,日本音響学会講演論文集(2002.3), p1165

<<back next>> index page


当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。