ご確認ください

東芝メディカルシステムズウェブサイト(www.toshiba-medical.co.jp)は、
薬事法対象商品の情報を医療従事者向けにお届けするためのコンテンツを含んでおります。
お客様がアクセスされたページは医療従事者向けの情報を掲載しているため、
閲覧は医療従事者限定とさせていただきます。

あなたは医療従事者(医師、診療放射線技師など)ですか?

閲覧のためにJavascriptを有効にしてください。

はいいいえ

◎「いいえ」の場合は、東芝メディカルシステムズWebサイト内「一般のお客様へ」ページへリンクします。

最新号
Neuro Imaging Special Issue 2003. 9
Cardiology Special Issue 2003.3
81号~90号
71号~80号
64号~70号
メディカルレビュートップへ
   東芝メディカルシステムズ株式会社 > ライブラリー > メディカルレビュー > メディカルレビュー Cardiology Special Issue > メディカルレビュー Cardiology Special Issue
メディカルレビュー Cardiology Special Issue
Cardiology Special Issue
宮下 進
胎児領域におけるDynamic Flowの臨床応用



宮下 進
国立循環器病センター 周産期科

●ABSTRACT

MSusumu Miyashita
Department of Perinatology, National Cardiovascular Center, Osaka, Japan

Efficacy of Dynamic Flow Ultrasonograhpy in Fetal Vascular Imaging

The flow signal quality of conventional color Doppler (CD) is not sufficiently high for the precise visualization of fetoplacental blood flow. Dynamic Flow (DF), a wide-band Doppler vascular imaging technique, may prove to be useful in prenatal diagnosis. We have found that DF has a number of advantages in fetal vascular imaging without contrast agent. Fetal vessels can be demonstrated with less overpainting, improved resolution, and a higher frame rate than in conventional CD. The fine blood flow signals that can be obtained by DF make it possible to accurately diagnose congenital heart disease in utero. However, the limitations of DF, such as a reduced frame rate in the low-velocity range or in deep regions of interest (ROIs) and reduced signal sensitivity in deep ROIs, must be addressed in order for this method to be suitable for widespread use in prenatal diagnosis. The use of CD in combination with DF, which allows the advantages of each method to counterbalance the limitations of the other, is more effective than CD alone for the evaluation of fetoplacental vascularization.



●はじめに

 胎児を対象とした従来の超音波Color Doppler法による血流イメージングの問題点として,不満足な距離分解能やフレームレート・クラッタ形成・血流のオーバーペイントなどが挙げられる。東芝PowerVision・Aplioシリーズに搭載されている広帯域Doppler送受信を用いたDynamic Flowは,リアルタイムBモードと同等の距離分解能とフレームレートを実現した流速マッピング法であり,オーバーペイントが少ないためColor Dopplerよりも血流特異性が高く,血管の精細な描出に際して有用と考えられている1,2)。内科消化器領域では,血流信号の感度向上を期待し,経静脈性超音波造影剤とともに広く用いられるようになったが,胎児では造影剤を用いなくとも上記の画像特性により有用な血流情報が得られる3)。本稿では主として従来のColor Doppler法との比較により,Dynamic Flowによる胎児血流イメージングにおける画像特性や有用性について検討する。




References
1) 佐藤武史: Dynamic Flowの技術解説. メディカルレビュー80,vol.25(1)29-33, 2001.
2) 宮下 進: 胎児循環-静脈からの評価. 臨床婦人科産科, 56:750-756,2002.
3) 宮下 進: 胎児の心エコー: 心エコー2: 952-961, 2001.

<<back index page


当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。