ご確認ください

東芝メディカルシステムズウェブサイト(www.toshiba-medical.co.jp)は、
薬事法対象商品の情報を医療従事者向けにお届けするためのコンテンツを含んでおります。
お客様がアクセスされたページは医療従事者向けの情報を掲載しているため、
閲覧は医療従事者限定とさせていただきます。

あなたは医療従事者(医師、診療放射線技師など)ですか?

閲覧のためにJavascriptを有効にしてください。

はいいいえ

◎「いいえ」の場合は、東芝メディカルシステムズWebサイト内「一般のお客様へ」ページへリンクします。

最新号
Neuro Imaging Special Issue 2003. 9
Cardiology Special Issue 2003.3
81号~90号
71号~80号
64号~70号
メディカルレビュートップへ
    東芝メディカルシステムズ株式会社 > ライブラリー > メディカルレビュー > Neuro Imaging Special Issue
メディカルレビュー Cardiology Special Issue
Cardiology Special Issue
マルチスライスCTを用いた脳循環動態の評価

寺田 友昭
和歌山県立医科大学脳神経外科

●ABSTRACT

Tomoaki Terada
Associate Professor Department of Neurological Surgery Wakayama Medical University

Measurement of cerebral perfusion using multislice CT

Traditional X-ray CT methods for the measurement of cerebral blood flow include Xe-CT and dynamic CT. In the past, Xe-CT was frequently employed for cerebral blood flow measurement at our institution. However, this method suffers from problems such as patient movement due to the anesthetic effect of Xe gas and a slightly prolonged examination time. It is particularly difficult to apply this method to acute-stage patients. Dynamic CT was also employed in many cases. In this method, iodinated contrast agent is injected intravenously at a high speed, and time-sequential CT images are obtained. Time-density curves are generated from these images to determine the MIT using the gamma function. This is a very simple and effective method for the evaluation of acute-stage patients, but is limited in that it permits only qualitative assessment.



 ●はじめに

従来のX線CTを用いた脳血流測定法には,Xe-CTやDynamic CTなどがある。以前,われわれは脳血流測定によくXe-CTを行っていたが,Xeガスの麻酔作用による体動や検査期間が若干長いことから,急性期の患者には非常に対応しにくいという問題があった。Dynamic CTもまた以前から多く使っていた。これはヨード造影剤を急速静注し,得られた時系列のCT画像の時間濃度曲線に対してガンマ関数にあてはめてMIT等を測定するものである。非常に簡便で急性期患者には有用であったが,定性的評価であるという問題があった。

<<back next>> index page


当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。