ご確認ください

東芝メディカルシステムズウェブサイト(www.toshiba-medical.co.jp)は、
薬事法対象商品の情報を医療従事者向けにお届けするためのコンテンツを含んでおります。
お客様がアクセスされたページは医療従事者向けの情報を掲載しているため、
閲覧は医療従事者限定とさせていただきます。

あなたは医療従事者(医師、診療放射線技師など)ですか?

閲覧のためにJavascriptを有効にしてください。

はいいいえ

◎「いいえ」の場合は、東芝メディカルシステムズWebサイト内「一般のお客様へ」ページへリンクします。

最新号
Neuro Imaging Special Issue 2003. 9
Cardiology Special Issue 2003.3
81号~90号
71号~80号
64号~70号
メディカルレビュートップへ
    東芝メディカルシステムズ株式会社 > ライブラリー > メディカルレビュー > Neuro Imaging Special Issue
メディカルレビュー Cardiology Special Issue
Cardiology Special Issue
金田 智
金田 智
頸動脈・末梢血管の超音波検査
-AplioTMを使用して-

金田 智
東京都済生会中央病院 放射線科

●ABSTRACT

Satoshi Kaneda
Department of Radiology, Saiseikai Central Hospital, Tokyo, Japan

Ultrasound Examination of the Carotid Arteries and Peripheral Vessels Using AplioTM

The key points in the clinical evaluation of lesions in the carotid artery are the assessment of stenosis or occlusion, the determination of the thickness of the tunica intima and media, and the evaluation of the morphological characteristics of plaque. Of these points, the most important is the assessment of stenosis, which directly affects the treatment plan. Stenosis is usually assessed using cross-sectional color Doppler imaging, and blood flow information, such as the maximum blood flow velocity in the stenotic segment, is always evaluated. The distal parts of the internal carotid artery and the origin of the vertebral artery can be adequately demonstrated using a 6-MHz transducer even though these structures are located in deep regions in large patients. In the examination of the arteries of the lower extremities, changes in the Doppler waveforms are observed in order to identify areas of high-degree stenosis or occlusion. The degree and length of stenosis are evaluated in color mode. With regard to the veins of the lower extremities, the focus of the examination differs for the detection of deep venous thrombosis (which is associated with swelling of the lower extremities and pulmonary embolism) and the diagnosis of venous regurgitation (which is associated with varicose veins). In the examination of the arteries of the upper extremities, when the Doppler waveforms appear obtuse in distal areas such as the brachial artery, the vertebral artery on the affected side must be evaluated. The presence of retrograde flow in the vertebral artery indicates high-degree stenosis or occlusion proximal to the origin of this vessel. Shunt failure is often due to stenosis at the venous end of the anastomosis. Dynamic Flow is useful for evaluating detailed findings such as high-velocity flow near a surface as seen in shunts.



 ●はじめに

 労災の2次検診に頸動脈エコーが採用されたこと,食生活の欧米化に伴って下肢動脈の動脈硬化性病変が増加していること,またエコノミークラス症候群で下肢静脈血栓症が注目されたことなどから,頸動脈や末梢血管の超音波検査が最近とくに注目されている。しかし現実には,検査の方法や所見の取り方などについて十分な情報が行き渡っておらず,一般の病院ではまだ適切な検査ができていないのが現状である。済生会中央病院では1984年にDiasonics社DRF-400Vを導入し末梢血管の超音波検査を開始し,1991年にSiemens社Quantum2000に買替え,さらに2002年3台目の装置として東芝Aplioを採用した。この間の経験をもとに,一般病院における末梢血管の超音波検査のポイントについて述べる。
*Aplioは(株)東芝の商標です。

<<back next>> index page


当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。