ご確認ください

東芝メディカルシステムズウェブサイト(www.toshiba-medical.co.jp)は、
薬事法対象商品の情報を医療従事者向けにお届けするためのコンテンツを含んでおります。
お客様がアクセスされたページは医療従事者向けの情報を掲載しているため、
閲覧は医療従事者限定とさせていただきます。

あなたは医療従事者(医師、診療放射線技師など)ですか?

閲覧のためにJavascriptを有効にしてください。

はいいいえ

◎「いいえ」の場合は、東芝メディカルシステムズWebサイト内「一般のお客様へ」ページへリンクします。

最新号
Neuro Imaging Special Issue 2003. 9
Cardiology Special Issue 2003.3
81号~90号
71号~80号
64号~70号
メディカルレビュートップへ
    東芝メディカルシステムズ株式会社 > ライブラリー > メディカルレビュー > Neuro Imaging Special Issue
メディカルレビュー Cardiology Special Issue
Cardiology Special Issue
林 万寿夫
林 万寿夫
Automatic Registration Tool(ART)の使用経験
-X-ray CTを用いた減弱補正を中心として-

林 万寿夫・楢林 勇
大阪医科大学附属病院 放射線科


●ABSTRACT

Masuo Hayashi, Isamu Narabayashi
Department of Radiology, Osaka Medical College Hospital, Osaka, Japan

Experience With the Automatic Registration Tool (ART): SPECT Attenuation Correction Using an X-ray CT Image

Currently, attenuation correction in head SPECT studies is generally performed assuming that the head exhibits uniform attenuation. However, due to the effects of the skull and other structures, the head does not have a uniform attenuation distribution. Recently, methods involving the use of an external line source have been developed to perform correction for structures with heterogeneous attenuation characteristics. As an alternative method, attenuation correction can be performed by transferring a CT image to a nuclear medicine image management system via a DICOM network and adjusting it to match a SPECT image. The Automatic Registration Tool (ART) of Toshiba's GMS-5500A/PI nuclear medicine management system makes it possible not only to adjust an MR or CT image to match a SPECT image automatically but also to perform attenuation correction for a heterogeneous structure by converting the CT image to a μ-map. This permits the heterogeneous attenuation distribution of the skull to be corrected, resulting in more precise quantitative data in cerebral blood flow (CBF) studies.



●はじめに

 現在,頭部SPECTにおける減弱補正は,頭部を均一な減弱体として補正を行う方法が使用されている。しかし,頭部は均一な減弱体ではなく,頭蓋骨などの影響により不均一な減弱分布を示す。近年,不均一減弱体を補正する方法として,外部線源を用いる方法が開発され使用可能となった。また,別の方法として,DICOMネットワークによりCT画像を核医学画像処理装置に取り込み,位置合わせの後減弱補正を行う方法も可能となった。東芝核医学処理装置GMS-5500A/PIに搭載されたART(Automatic Registration Tool)はMRおよびCT画像との自動位置合わせはもとより,CT画像をμマップ化することにより不均一減弱体の減弱補正も可能となった。今回,CT画像とARTを用いた減弱補正法により,123I-IMP_ARG法にて臨床評価を行ったので報告する。

 

<<back next>> index page


当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。