ご確認ください

東芝メディカルシステムズウェブサイト(www.toshiba-medical.co.jp)は、
薬事法対象商品の情報を医療従事者向けにお届けするためのコンテンツを含んでおります。
お客様がアクセスされたページは医療従事者向けの情報を掲載しているため、
閲覧は医療従事者限定とさせていただきます。

あなたは医療従事者(医師、診療放射線技師など)ですか?

閲覧のためにJavascriptを有効にしてください。

はいいいえ

◎「いいえ」の場合は、東芝メディカルシステムズWebサイト内「一般のお客様へ」ページへリンクします。

最新号
Neuro Imaging Special Issue 2003. 9
Cardiology Special Issue 2003.3
81号~90号
71号~80号
64号~70号
メディカルレビュートップへ
    東芝メディカルシステムズ株式会社 > ライブラリー > Neuro Imaging Special Issue
メディカルレビュー Cardiology Special Issue
Cardiology Special Issue
小森 剛
小森 剛
Automatic Registration Tool(ART)を用いたSPECT/CT(MRI)
融合画像の有用性

小森 剛・小倉 康晴・足立 至・宇都宮 啓太・楢林 勇
大阪医科大学 放射線医学教室

●ABSTRACT
Tsuyoshi Komori, Yasuharu Ogura, Itaru Adachi, Keita Utsunomiya, Isamu Narabayashi
Department of Radiology, Osaka Medical College, Osaka, Japan

Evaluation of SPECT/CT (MRI) Fusion Imaging Using the Automatic Registration Tool (ART 2.03)

The anatomical identification of SPECT accumulation is difficult, therefore clinical usefulness of SPECT/CT (MRI) fusion imaging was examined. Patients with malignant tumors or suspected to have malignant tumors were evaluated using Ga-67 and thallium SPECT/CT (MRI) fusion imaging. The acquisition of Ga-67 SPECT images was initiated 48 hr after the intravenous administration of 74 MBq of gallium citrate. The acquisition of thallium SPECT images was initiated 15 min and 3 hr after the intravenous administration of 111 MBq of thallium chloride. The SPECT data were obtained using an ECAM system (Siemens, Germany). Automatic Registration Tool 2.03 (Toshiba, Japan) was used as the image fusion software. Ga-67 SPECT/CT fusion imaging was judged to be useful for diagnosis in 45 of 74 cases (60.8%). Abnormalities were more clearly observed than in Ga-67 SPECT without CT in 26 of these 45 cases (57.8%), physiological accumulation was easily confirmed in 15 of the 45 cases (33.3%), and there was no pathological uptake in 5 of the 45 cases (11.1%). SPECT/CT (MRI) fusion imaging permits the precise localization of gallium and thallium uptake and the accurate assessment of malignant neoplasms.


●はじめに

 核医学画像は生理機能や代謝の情報を画像化することが特徴である。その反面,臓器や機能に特異的であるので解剖学的な位置情報が少なくなるという欠点をあわせもつ。一方,X線CTやMRIは解剖学的な位置情報は詳細であるが,核医学画像のような機能情報に劣る。そこで,機能画像と形態画像を組み合わせて診断することで画像診断の質を高め,臨床的な意義の向上が期待される。今回は体幹部の悪性腫瘍症例に対するGa-67シンチグラフィとCTの融合画像を中心に,位置合わせソフトウエアであるARTの有用性を検討し,これに加えて,その他の核種(Tl-201・Tc-99m MIBI・ I-123 MIBG・ In-111・ Tc-99mスズコロイド・Tc-99m GSA)を用いてCT(MRI)との融合画像が有用であった症例も供覧する。


<<back next>> index page


当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。