ご確認ください

東芝メディカルシステムズウェブサイト(www.toshiba-medical.co.jp)は、
薬事法対象商品の情報を医療従事者向けにお届けするためのコンテンツを含んでおります。
お客様がアクセスされたページは医療従事者向けの情報を掲載しているため、
閲覧は医療従事者限定とさせていただきます。

あなたは医療従事者(医師、診療放射線技師など)ですか?

閲覧のためにJavascriptを有効にしてください。

はいいいえ

◎「いいえ」の場合は、東芝メディカルシステムズWebサイト内「一般のお客様へ」ページへリンクします。

最新号
Neuro Imaging Special Issue 2003. 9
Cardiology Special Issue 2003.3
81号~90号
71号~80号
64号~70号
メディカルレビュートップへ
    東芝メディカルシステムズ株式会社 > ライブラリー > メディカルレビュー > Neuro Imaging Special Issue
メディカルレビュー Cardiology Special Issue
Cardiology Special Issue
土屋 一洋
土屋 一洋
「QDヘッドSPEEDER」コイルを用いた頭部のparallel MR imagingの臨床応用

土屋 一洋
杏林大学 放射線科

●ABSTRACT

Kazuhiro Tsuchiya
Department of Radiology, Kyorin University School of Medicine,
Tokyo, Japan

Parallel MR Imaging of the Brain Using the “QD-Head SPEEDER” Coil: Initial Clinical Experience

The introduction of a new coil known as the “QD-Head SPEEDER” that permits acquisition of images with an excellent signal-to-noise ratio has made it possible to apply the parallel imaging (SPEEDER) technique to brain MR examinations. With the combined use of this 7-channel coil and upgraded software, conventional T1-weighted, T2-weighted, and FLAIR images can be obtained with a time-reduction factor of up to 2 with no degradation in image quality. In MR angiography, parallel imaging can be employed to reduce the scanning time, to obtain high-resolution images by increasing the matrix size, or both. It is noteworthy that application of the SPEEDER technique to 3D MR digital subtraction angiography, which is based on a fast field-echo sequence in combination with a rapid k-space filling method (different-rate k-space sampling), has made it possible to achieve a temporal resolution of 0.8 second per frame. In addition, because the SPEEDER technique is relatively unaffected by magnetic susceptibility, echo-planar imaging can be performed with minimal artifacts. As a result, diffusion-weighted images as well as diffusion tensor images of excellent quality can now be obtained. Although a number of limitations remain to be overcome, parallel MR imaging of the brain, which has become available with the introduction of the QD-Head SPEEDER coil, is a promising technique that is expected to greatly expand the clinical utility of brain MR imaging.


●はじめに

複数の表面コイルとそれらの感度分布から撮像時間を短縮するparallel imaging1-3)は,MRIの最近の技術的進歩のなかでも最大のトピックである。他の画像診断技術の流れとやや異なり,この技術は腹部や心大血管系を中心に初期の臨床応用が進められ,頭部へのそれは各社とも出遅れている感がある。その理由はいくつか考えられるが,被写体である頭部の形状に対応し良好なSN比での撮像が可能なphased-array coilの開発に困難を伴うことが大きな障害のひとつとなってきたといえる。東芝では,これを克服すべくparallel imagingでの撮像を主目的とした新たなコイル「QDヘッドSPEEDER」4)を開発し,これに伴って頭部のMRIでSPEEDER法が可能となった。本稿ではこのコイルを用いたSPEEDER法の頭部MRIへの当院での初期臨床応用を報告する。



References
1)Carlson JW, Minemura T. Imaging time reduction through multiple receiver coil data acquisition and image reconstruction. Magn Reson Med 29: 681-688, 1993.
2)Pruessmann KP, Weiger M, Scheidegger MB, et al: SENSE: sensitivity encoding for fast MRI. Magn Reson Med 42: 952-962, 1999.
3)町田好男・濱村良紀・M.A. ゴンザレス バレスター 他: MRIパラレルイメージング,SPEEDERの開発. メディカルレビュー83,vol.25(4): 52-58, 2001.
4)光井信二・安原康毅・岡本和也 他: パラレルイメージング用ヘッドアレイコイル(QDヘッドSPEEDER)の開発. メディカルレビュー88,vol27(3): 19-23,2003.

<<back next>> index page


当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。