ご確認ください

東芝メディカルシステムズウェブサイト(www.toshiba-medical.co.jp)は、
薬事法対象商品の情報を医療従事者向けにお届けするためのコンテンツを含んでおります。
お客様がアクセスされたページは医療従事者向けの情報を掲載しているため、
閲覧は医療従事者限定とさせていただきます。

あなたは医療従事者(医師、診療放射線技師など)ですか?

閲覧のためにJavascriptを有効にしてください。

はいいいえ

◎「いいえ」の場合は、東芝メディカルシステムズWebサイト内「一般のお客様へ」ページへリンクします。

最新号
Neuro Imaging Special Issue 2003. 9
Cardiology Special Issue 2003.3
81号~90号
71号~80号
64号~70号
メディカルレビュートップへ
    東芝メディカルシステムズ株式会社 > ライブラリー > Neuro Imaging Special Issue
メディカルレビュー Cardiology Special Issue
Cardiology Special Issue
光井 信二
光井 信二
パラレルイメージング用ヘッドアレイコイル(QDヘッドSPEEDER)の開発

光井 信二・安原 康毅・岡本 和也・
町田 好男・市之瀬 伸保・内薗 真一
(株) 東芝 医用システム社
医用機器・システム開発センター MRI検体装置開発部

●ABSTRACT

Shinji Mitsui, Yasutake Yasuhara, Kazuya Okamoto, Yoshio Machida, Nobuyasu Ichinose, Shinichi Uchizono,
MRI and Clinical Laboratory Systems Development Department, Medical Systems Research and Development Center, Medical Systems Company, Toshiba Corporation, Tochigi, Japan

Development of a Head Array Coil (QD Head SPEEDER) for Parallel Imaging

Parallel imaging is a method in which the acquisition time is reduced by processing signals from multiple RF coils. This method requires the use of RF coils that are specifically designed for parallel imaging processing. Toshiba has already introduced a torso array coil for parallel imaging, and a new head array coil has now been developed. This head coil is 7-channel array coil which consists of 3 QD surface coils and 4 linear surface coils. Compared with a conventional QD head coil, the SNR of the head array coil is improved by an average of approximately 50% in the central axial plane along the Z-axis. As a result, routine head studies can be performed in a shorter time. Alternatively, high-resolution images or images with significantly reduced distortion can be acquired in the usual imaging time.


●はじめに

 MRIで最近注目されている高速撮影法の一つとして,パラレルイメージング(Parallel Imaging,以下PI)がある1)。PIは被検者からの信号を複数のコイルで並列に受信・処理し,撮影スピードの短縮を可能とする方法であるが,それにはPIに適したRFコイルが必要である。東芝では,いわゆるソフトウェア技術であるPI技術と,PI法に対応したRFコイル技術を併せて“SPEEDER技術”と総称し,「使えるPI,役立つPI」の実用化に向けて開発を進めている。 すでに,PI用のRFコイルとしては,腹部用のマルチコイル(QDトルソSPEEDER)を製品化しており2,3),臨床使用が進められている。今回は,頭部用コイルとして開発した“QDヘッドSPEEDER”について紹介する。



References
1)町田好男・濱村良紀・M.A. ゴンザレス バレスター 他: MRIパラレルイメージング SPEEDERの開発. メディカルレビュー83Vol.25(4):52-58, 2001.

2)岡本和也・町田好男・市之瀬伸保 他: パラレルイメージング対応8チャネル トルソQDアレイの開発. メディカルレビュー87Vol.26(4); 32-37,2002.

3)Okamoto K, Hamamura Y, Machida Y. Torso Array Coil with Eight QD-Surface Coils for Parallel Imaging. Proc. of ISMRM 2002: 859.

<<back next>> index page


当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。