ご確認ください

東芝メディカルシステムズウェブサイト(www.toshiba-medical.co.jp)は、
薬事法対象商品の情報を医療従事者向けにお届けするためのコンテンツを含んでおります。
お客様がアクセスされたページは医療従事者向けの情報を掲載しているため、
閲覧は医療従事者限定とさせていただきます。

あなたは医療従事者(医師、診療放射線技師など)ですか?

閲覧のためにJavascriptを有効にしてください。

はいいいえ

◎「いいえ」の場合は、東芝メディカルシステムズWebサイト内「一般のお客様へ」ページへリンクします。

最新号
Neuro Imaging Special Issue 2003. 9
Cardiology Special Issue 2003.3
81号~90号
71号~80号
64号~70号
メディカルレビュートップへ
   東芝メディカルシステムズ株式会社 > ライブラリー > メディカルレビュー > メディカルレビュー74号
    トップページへ戻る
 

 メディカルレビューは、昭和 52年から当社が発行している社外広報のための学術誌です。お陰さまで医学関係の皆さま方からご好評をいただいております。
 当誌は、年 4回(2月、5月、8月、11月)発行となっていますが、平成 11年 8月に発行いたしました第 74号の目次を掲載しました。アンダーラインの箇所をクリックすると、各論文の序論の部分がご覧になれます。なお、巻頭言につきましては全文がご覧いただけます。
 内容に関してお問い合わせのある場合は、当ホームページの「お問い合わせ」からご意見をお寄せ下さい。

メディカルレビュー74号表紙

   表紙のことば
● 粋な縞の白大島に置いた前櫛と中挿しは白鼈甲にプラチナの象嵌を施した大正末期の作品。真中の玉かんざしは同じく白鼈甲、玉は堆朱(ついしゅ)彫りの明治期の作。
● 日本には色を表す言葉がヨーロッパの数倍あるという。ブルーひとつとってみても、ごく薄い青は、藍瓶(あいがめ)にちょっと漬けたという意味合いの瓶覗(かめのぞき)。藍は瓶に漬けるごとに濃さを増す。薄く染めれば緑みを増し浅葱(あさぎ)色となり、何度も瓶に漬ければ紫を増し紺色になる。濃くなるに従って色の呼称の瓶覗、浅葱、縹(はなだ)、藍、紺となる。
● 背景の大島紬を色で表すなら、藍をアクセントに深川鼠(ねず)に白金(しろがね)色の鼠の濃淡で織り上げた白大島とでもいうのだろうか。


   さて又昨夕(またよんべ)の浅葱染(あさぎぞめ)
         あひが足らぬで濃く案じる

             鄙廼一曲(ひなのひとふし)


 
 C O N T E N T S 

 
 
巻頭言
ウィーンに寄せる想い 平松 京一
 
   
 
ADR-2000Aの開発 村川 雅一 
 
   
 
遠隔操作型X線透視撮影システムWinscopeTM 5000の開発
-優れた操作性、多目的な検査に対応-
菊地 稔 
 
   
 
肝癌に対するリアルタイムCT透視下エタノール局注
(CTF-PEI)の臨床的有用性
岩渕 省吾ほか
 
   
 
正常膵管系におけるMR胆道膵管造影 崔 仁煥ほか
 
   
 
東芝製超電導MRI装置OPARTにおける
JMD(joint motion device)の臨床使用経験
-肩関節領域における有用性の検討-
橋本 卓ほか
 
   
 
2検出器ガンマカメラe.camにおける
concidence測定システムの開発
本村 信篤
 
   
 
画像参照システムの構築 湯澤 史佳
 
   
 
医用機器のEMCガイドラインと東芝の取り組み 坪田 祥二
 
   
 
Flow Image Optimizer(FIO)の技術 阿部 康彦
 
   
 
Tissue Harmonic Imaging 佐々木 琢也
 
トップページへ戻る


当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。