ご確認ください

東芝メディカルシステムズウェブサイト(www.toshiba-medical.co.jp)は、
薬事法対象商品の情報を医療従事者向けにお届けするためのコンテンツを含んでおります。
お客様がアクセスされたページは医療従事者向けの情報を掲載しているため、
閲覧は医療従事者限定とさせていただきます。

あなたは医療従事者(医師、診療放射線技師など)ですか?

閲覧のためにJavascriptを有効にしてください。

はいいいえ

◎「いいえ」の場合は、東芝メディカルシステムズWebサイト内「一般のお客様へ」ページへリンクします。

最新号
Neuro Imaging Special Issue 2003. 9
Cardiology Special Issue 2003.3
81号~90号
71号~80号
64号~70号
メディカルレビュートップへ
   東芝メディカルシステムズ株式会社 > ライブラリー > メディカルレビュー > メディカルレビュー91号
メディカルレビュー91号
平山 眞章 平野 雄士
平山 眞章 平野 雄士
消化管領域におけるAquilionTM 16を用いたVirtual Endoscopyの有用性と臨床応用

平山 眞章1・平野 雄士2
1 彰和会 北海道消化器科病院
2 日本海員掖済会小樽病院

●ABSTRACT

Michiaki Hirayama1, Yushi Hirano2
1) Showakai Hokkaido Gastroenterology Hospital
2) Nihon Kaiin Ekisaikai Otaru Hospitaln

Virtual Endoscopy Using a Multislice Helical CT Scanner for the Evaluation of GI Diseases: Efficacy and Clinical Applications

Virtual endoscopy (VE) is readily applicable to the diagnostic imaging of the gastrointestinal (GI) tract due to its noninvasiveness and relatively short examination time. VE can be used to obtain information concerning both the internal and external surfaces of the gastric wall by generating multiplanar reconstruction (MPR) images from the image data acquired using single-slice CT (SSCT) and multislice CT (MSCT) helical scanners. We therefore attempted to employ VE for the assessment of patients with various GI diseases such as gastric cancer, gastrointestinal stromal tumor (GIST), colon cancer, and inflammatory bowel disease.
The present study included 172 patients with gastric cancer, 28 patients with GIST, 11 patients with inflammatory bowel disease, and 102 patients with colon cancer. In VE images, the tumor invasiveness of gastric cancer was classified as the intramural type (type 1), the extramurally extended type with a smooth outer surface (type 2) and the extramurally extended type with an irregular outer surface (type 3). When these three types were examined histopathologically, the overall accuracy rates for SSCT and MSCT were found to be 89.7% and 92.9%, respectively. With regard to GIST, VE was found to be comparable to endoscopic ultrasonography (EUS) in terms of its ability to reveal structural details of the tumor. With regard to diseases of the colon, VE using MSCT permitted the overall appearance of the colon to be clearly visualized.
In conclusion, VE performed using the AquilionTM 16 provides valuable new information in the evaluation of GI diseases


●はじめに

ヘリカルCTは、連続して回転する管球の中を一定速度で患者を乗せた寝台が移動することにより、連続スライスとして情報を得ることができるCT装置である1)。これにより得られた情報を再構築し、3次元表示することが可能である。またCT検査は非侵襲的であり、検査時間も短いためpoor riskな症例に対しても施行可能である。 3D-CT画像では、内視鏡やバリウムを用いることなく胃の内腔や外側から表示することにより、air image像 (X線2重造影像)やvirtual endoscopy像 (VE:内視鏡画像様表示)も得られるようになった2)~6)。また、VEは視点を自由に設定可能で、従来の胃X線2重造影像や内視鏡像では得られない角度からの像を得ることが出来、脊椎や腸管ガス等のアーチファクトを除くことも可能となった。さらにCTでは消化管壁内や外層の情報を得ることも可能であり、胃癌では深達度診断に対する応用が期待されている。われわれは1996年より東芝製X-forceTM/SHを用い、消化管病変に対し3次元画像を作成し診断に役立ててきた7)。そこで、本稿ではまず胃癌、次に胃GIST、大腸癌を取り上げ、VE画像がどの程度診断に寄与できるか、その応用と限界について述べ、16列のmulti-detectorを搭載したAquilionTM 16の可能性について考察する。



References
1)Kalender W.A., Seissler W., Klotz E., et al.:Spiral volumetric CT with single-breath-hold technique, continuous transport, and continuous scanner rotation. Radiology 176:181-183, 1990.
2)白神伸之、小林成司、杉野吉則、ほか.:CTによる上部消化管のVirtual Endoscopy.消化器内視鏡 12:965-972, 2000.
3)芳野純治、中澤三郎、乾 和郎、ほか.:US、CT、MRIを使った診断と治療の判定.胃と腸 34:335-339, 1999
4)Vining D.J.:Virtual Endoscopy: Is it reality? Radiology 200:30-31, 1996
5)Davies J., Chalmers A.G., Sue-Ling H.M., et al.:Spiral computed tomography and operative staging of gastric carcinoma :A comparison with histopathological staging. Gut 41:314-319, 1997
6)Ogata I., Komohara Y., Yamashita Y., et al.:CT evaluation of gastric lesions with three-dimensional display and interactive virtual endoscopy :comparison with conventional barium study and endoscopy. AJR 172:1263-1270, 1999
7)平山眞章、平野雄士、松谷宏宣、ほか。:胃癌におけるヘリカルCTを用いた三次元画像とその臨床応用.消化器科 26:179-187, 1998

※ Aquilion は東芝メディカルシステムズ(株)の商標です。
※ X-force は東芝メディカルシステムズ(株)の商標です。

<<back next>> index page


当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。