ご確認ください

東芝メディカルシステムズウェブサイト(www.toshiba-medical.co.jp)は、
薬事法対象商品の情報を医療従事者向けにお届けするためのコンテンツを含んでおります。
お客様がアクセスされたページは医療従事者向けの情報を掲載しているため、
閲覧は医療従事者限定とさせていただきます。

あなたは医療従事者(医師、診療放射線技師など)ですか?

閲覧のためにJavascriptを有効にしてください。

はいいいえ

◎「いいえ」の場合は、東芝メディカルシステムズWebサイト内「一般のお客様へ」ページへリンクします。

最新号
Neuro Imaging Special Issue 2003. 9
Cardiology Special Issue 2003.3
81号~90号
71号~80号
64号~70号
メディカルレビュートップへ
    東芝メディカルシステムズ株式会社 > ライブラリー > メディカルレビュー > メディカルレビュー91号
メディカルレビュー91号
片田 和廣
片田 和廣
病院情報システムのユーザインターフェースに関する考察
-電子カルテ導入後話題-


片田 和廣

片田 和廣1、江本 豊2、近藤 武2、高井 洋次3
1 藤田保健衛生大学放射線医学教室
2 同医療情報部
3 同放射線部

●ABSTRACT

Kazuhiro Katada1, Yutaka Emoto2, Takeshi Kondo2, Hiroji Takai3
1)Department of Radiology, Fujita Health Univercity, School of Medicine, Aichi, japan
2)School of Medicine Department of Radiology Department of Medical Informatics
3)Department of Radiology, Fujita Health University Hospital

Evaluation of the User Interface for a Hospital Information System Following the Introduction of an Electronic Medical Chart System

In recent years, we have seen the practical implementation of a variety of hospital information systems such as ordering systems, picture archive and communication systems (PACS), and electronic medical chart systems in the clinical setting. Nevertheless, many existing hospital information systems are poorly matched to actual clinical requirements. This problem is frequently observed in the user interface, as reflected in screen design and system operability. The user interface can be regarded as the hospital information system itself from the viewpoint of the user, and the design of the user interface significantly affects productivity in clinical use. A number of limitations that have been identified in current hospital information systems are discussed in the present paper.This is thought to reflect the mainstream in input screen design for future electronic medical chart systems.


●はじめに

近年、オーダリング・PACS・電子カルテをはじめとする病院情報システムの医療現場への導入が進みつつある。しかしながら、現状の病院情報システムには、医療の現場にそぐわない部分が少なくない。その代表が画面設計・操作性をはじめとするユーザインターフェースである。ユーザインターフェースは、ユーザから見た場合病院情報システムそのものと言ってよく、その設計の巧拙が現場の生産性に及ぼす影響は非常に大きい。現状の病院情報システムに多く認められる問題点は次項に示す如くである。

<<back next>> index page


当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。