ご確認ください

東芝メディカルシステムズウェブサイト(www.toshiba-medical.co.jp)は、
薬事法対象商品の情報を医療従事者向けにお届けするためのコンテンツを含んでおります。
お客様がアクセスされたページは医療従事者向けの情報を掲載しているため、
閲覧は医療従事者限定とさせていただきます。

あなたは医療従事者(医師、診療放射線技師など)ですか?

閲覧のためにJavascriptを有効にしてください。

はいいいえ

◎「いいえ」の場合は、東芝メディカルシステムズWebサイト内「一般のお客様へ」ページへリンクします。

最新号
Neuro Imaging Special Issue 2003. 9
Cardiology Special Issue 2003.3
81号~90号
71号~80号
64号~70号
メディカルレビュートップへ
    東芝メディカルシステムズ株式会社 > ライブラリー > メディカルレビュー > メディカルレビュー91号
メディカルレビュー91号
田上 真之介
田上 真之介
Web技術を採用した放射線部門情報管理システム(RapideyeTM e-RIS)の構築と使用経験

田上 真之介

田上 真之介1・坂本 崇1・井野 雅基1・松田 勝彦1・井上 淑博1・和田 博文1・西春 泰司1・浦田 譲治1・西村 浩2・渡部 真也3
1 済生会熊本病院画像診断センター
2 東芝医用システムエンジニアリング㈱
3 東芝メディカルシステムズ㈱ システム事業部

●ABSTRACT

Shinnosuke Tagami1, Takashi Sakamoto1, Masaki Ino1, Katsuhiko Matsuda1, Yoshihiro Inoue1, Hirohumi Wada1, Taiji Nishiharu1, Joji Urata1, Hiroshi Nishimura2, Shinya Watanabe3
1 Diagnostic Imaging Center, Saiseikai Kumamoto Hospital
2 Toshiba Medical Systems Engineering Corporation
3 Solution & Systems Business, Toshiba Medical Systems Corporation

Radiology Information Management System (Rapideye e-RIS) Using Web Technology: Development and Clinical Application

It has been 9 years since Saiseikai Kumamoto Hospital moved to a new building. The hospital has been working to introduce an electronic medical chart system as a 3-year project from fiscal 2002. The ordering system is in limited operation at the hospital, and the Diagnostic Imaging Center is currently developing an ordering system that is scheduled to be running within this fiscal year. The system is currently applied to the management of order slips and films. With the exception of some X-ray TV systems, all images are stored in the PACS. When the ordering system has been established, operation will be switched to paperless (and eventually filmless) radiology in the future. In order to make a seamless transition to electronic operation at the hospital, a radiology information system (e-RIS) based on web technology has been introduced. This report describes our experience with this system.
Since before the introduction of a RIS, Saiseikai Kumamoto Hospital has gradually been moving toward image storage on a PACS. However, due to the lack of a RIS, it was previously not possible to register study orders in advance, making it difficult to prefetch previously acquired images to support image interpretation at the terminal. An RIS has now been introduced to meet the following objectives: (1) to indirectly support image interpretation, such as through image prefetching, and to manage information in the Radiology Department in an integrated manner, (2) to permit a smooth transition to future electronic hospital operations, focusing on the prevention of inappropriate medical practice, support of web-based distribution of images/reports, and connectivity with the medical administration system, (3) to ensure the efficient use of equipment and the appropriate allocation of human resources using the e-RIS management index tool, and (4) to improve patient service by displaying waiting times.


●はじめに

済生会熊本病院は新築移転後9年目を迎え、2002年度より3か年ビジョンとして電子カルテの導入を検討している。院内では一部オーダーリングシステムが稼働し、画像診断センターでも本年度中にはオーダーリングシステムが稼働する予定で現在構築中である。現在の運用は、伝票運用・フィルム運用であるが、一部のX線TVを除き、画像保管はPACSにて管理を行っており、オーダーリングの稼働と同時にペーパーレス運用に切り替え、将来的にはフィルムレス運用を検討している。院内の電子化にシームレスに対応するために、今回新しくweb技術を採用した放射線部門システム(e-RIS)を導入したのでその使用経験を報告する。

※ Rapideyeは東芝メディカルシステムズ(株)の商標です。

<<back next>> index page


当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。