ご確認ください

東芝メディカルシステムズウェブサイト(www.toshiba-medical.co.jp)は、
薬事法対象商品の情報を医療従事者向けにお届けするためのコンテンツを含んでおります。
お客様がアクセスされたページは医療従事者向けの情報を掲載しているため、
閲覧は医療従事者限定とさせていただきます。

あなたは医療従事者(医師、診療放射線技師など)ですか?

閲覧のためにJavascriptを有効にしてください。

はいいいえ

◎「いいえ」の場合は、東芝メディカルシステムズWebサイト内「一般のお客様へ」ページへリンクします。

最新号
Neuro Imaging Special Issue 2003. 9
Cardiology Special Issue 2003.3
81号~90号
71号~80号
64号~70号
メディカルレビュートップへ
    東芝メディカルシステムズ株式会社 > ライブラリー > メディカルレビュー > メディカルレビュー91号
メディカルレビュー91号
蓮實 修 放射線部門情報管理システム「 RapideyeTM e-RIS 」の開発

蓮實 修
東芝医用システムエンジニアリング(株)

●ABSTRACT

Osamu Hasumi
Toshiba Medical Systems Engineering Co. Ltd

Development of Radiology Information System (RIS) "RapideyeTM e-RIS"

In recent years, there has been increasing demand for the adoption of information technology (IT) in the medical field to achieve improvements in patient services and higher efficiency in hospital operations. The use of digital images acquired by diagnostic imaging modalities such as diagnostic X-ray systems, CT scanners, and MRI systems has been steadily increasing in the radiology department. In addition, there is widespread interest in adopting information systems to increase examination efficiency, improve examination quality, support statistical analysis, and so on. As a result, there has been rapid progress in the establishment of intradepartmental networks, including the adoption of a radiology information system (RIS) to integrate the various sections in the radiology department. In addition, the Japanese Ministry of Health, Labor and Welfare announced the "Grand design for medical informatics and IT" at the end of 2004. This announcement has promoted the digitalization of medical information and the further expansion of information systems in the medical field, and electronic patient chart systems have rapidly been adopted by medical institutions.
Given this background, we have developed a new RIS series (RapideyeTM e-RIS) that permits electronic patient charts to be easily integrated into hospital operations using a plug-in function. This system has been made possible thanks to Toshiba's many years of experience in the radiology department and advanced Web technologies.
This report outlines the RapideyeTM e-RIS and describes the system configuration and features. Future challenges are also discussed.


●はじめに

今日、IT技術の導入による患者サービスの向上と病院経営の効率化が求められる中、放射線部門では、X線診断装置・CTスキャナ・MRIなど各モダリティ診断画像のデジタル化が進むとともに、検査業務の効率化・検査の質の向上・各種統計表作成等のための情報システム化が一般化し、放射線部門を統合する放射線部門情報管理システム(Radiology Information System:RIS)の導入など、部門内ネットワークの構築が進んできた。また、平成13年末に厚生労働省から「保健医療分野の情報化に向けてのグランドデザイン」が発表されたことにより、医療分野の電子化・情報システム化はさらに推進され、医療機関への電子カルテの導入が急速に進んでいる。
このような時代背景の中で、当社は、永年蓄積した放射線部門の運用ノウハウに加えて、Web技術の活用により、電子カルテへのプラグインを容易にしたRISの新シリーズ「RapideyeTM e-RIS」(以下、e-RIS)を開発した。
本稿では、e-RISの概要、システム構成及びシステムの特長を紹介し、最後に今後の課題について述べる。

※ Rapideyeは東芝メディカルシステムズ(株)の商標です。

<<back next>> index page


当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。