ご確認ください

東芝メディカルシステムズウェブサイト(www.toshiba-medical.co.jp)は、
薬事法対象商品の情報を医療従事者向けにお届けするためのコンテンツを含んでおります。
お客様がアクセスされたページは医療従事者向けの情報を掲載しているため、
閲覧は医療従事者限定とさせていただきます。

あなたは医療従事者(医師、診療放射線技師など)ですか?

閲覧のためにJavascriptを有効にしてください。

はいいいえ

◎「いいえ」の場合は、東芝メディカルシステムズWebサイト内「一般のお客様へ」ページへリンクします。

トップページ > 商品情報 > 検体検査システム > TBA™-120FR Sora Edition

さらなる進化を遂げたTBA-120FR。「Sora Edition」の愛称で新登場です

現場の声に応えるかたちで、さらなる進化を遂げたTBA™-120FR。 JACLaS EXPO 2014で皆様に選んでいただいた「Sora Edition」の愛称で新登場です。 試薬量の低減化、検体量の微量化、検体間キャリーオーバの低減など、 ムダなく効率的で信頼性の高い検査を力強く支えます。

最終反応液量70μL*を実現

反応管の成形プロセスを改良し、歪みの少ない硬質ガラス反応管を実現しました。それにより、反応液量70μLからの測光が可能になりました。
*試薬の性状により設定できない場合があります。

最小検体量1.0μLからの分注が可能

測定に必要な検体量を微量化することにより、患者さんの負担軽減につながります。

HbA1c測定ユニット (オプション)

検体(全血・血球)を装置にセットするだけで、溶血などの前処理を自動で行います。煩雑な手作業の省力化がはかれます。

検体間キャリーオーバ0.1ppm以下

サンプリングプローブの洗浄能力強化により、検体を小分け分注することなく、免疫測定装置への検体持ち回りが可能なため、効率的な検査を実現します。

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。