ご確認ください

東芝メディカルシステムズウェブサイト(www.toshiba-medical.co.jp)は、
薬事法対象商品の情報を医療従事者向けにお届けするためのコンテンツを含んでおります。
お客様がアクセスされたページは医療従事者向けの情報を掲載しているため、
閲覧は医療従事者限定とさせていただきます。

あなたは医療従事者(医師、診療放射線技師など)ですか?

閲覧のためにJavascriptを有効にしてください。

はいいいえ

◎「いいえ」の場合は、東芝メディカルシステムズWebサイト内「一般のお客様へ」ページへリンクします。

トップページ > 商品情報 > 検体検査システム > TBA™-120FR Sora Edition

HbA1c測定ユニット(オプション)

TBA™‐120FRに検体(全血・血球)をセットするだけで、溶血などの前処理を自動で行い、HbA1c(※1)を測定できます。
自動前処理機能の搭載によって、煩雑な手作業が省け、検査の効率化が図れます。

(※1)測定した総Hb濃度に対するHbA1c濃度の比率から算出

  • ●血球で測定可能
  • ●1つの反応管で総Hb濃度とHbA1c濃度を測定
  • ●結果はNGSP値、JDS値、IFCC値等で併記出力可能(※2)
  • ●HbA1cと比色および電解質項目の混在・連続測定が可能
  • ●血球分注後、洗浄後にサンプリングプローブの詰まりをチェック
  • ●検体間キャリーオーバ0.1ppm以下によりデータ精度が向上(※3)

(※2)JDS値:%、NGSP値:%、IFCC値:mmol/mol
(※3)全血から血清、血球から血清、血清から血清へとサンプリングを続ける場合

HbA1c測定動作

測定動作の流れ

※HbA1c測定試薬については弊社までお問い合わせください。

主な仕様
処理速度 最大200テスト/時(HbA1c項目のみ)
最終反応液量 80~360μL
使用抗凝固剤 EDTA、NaF
検体種別 全血(遠心分離無し検体)、血球(遠心分離後の血球)
検体分注量 HbA1c用 3.0~3.6μL(0.2μLステップ)
試薬分注量 20~345μL(1μLステップ)
反応時間 約10分
反応温度 37℃
恒温方式 ウォーターバス方式

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。