ご確認ください

東芝メディカルシステムズウェブサイト(www.toshiba-medical.co.jp)は、
薬事法対象商品の情報を医療従事者向けにお届けするためのコンテンツを含んでおります。
お客様がアクセスされたページは医療従事者向けの情報を掲載しているため、
閲覧は医療従事者限定とさせていただきます。

あなたは医療従事者(医師、診療放射線技師など)ですか?

閲覧のためにJavascriptを有効にしてください。

はいいいえ

◎「いいえ」の場合は、東芝メディカルシステムズWebサイト内「一般のお客様へ」ページへリンクします。

TBA™-2000FR 東芝メディカルだから生まれた、凝縮の逸品です

TBA™-2000FR仕様
同時測定項目 100項目
処理速度 比色 最大1600テスト/時
電解質 最大600テスト/時
分析方法 エンド法、レート法、電極法
検体分注量 1.5~35.0μL /テスト(0.1μLステップ)
検体間キャリーオーバ 0.1ppm以下
試薬分注量 R1:20~278μL/試薬(1μLステップ)
R2:0、20~200μL/試薬(1μLステップ)
最終反応液量 80~280μL
ラックサンプラ 200検体
カップセンサ付き、検体IDユニット標準
STAT ポジション 1箇所
サンプル容器 採血管、サンプルカップ
試薬庫 R1:56本(最大65本:55mLボトル用試薬ラック使用時)
R2:56本(最大65本:55mLボトル用試薬ラック使用時)
試薬容器 100mL、90mL、70mL、55mL、50mL、20mL
反応ディスク ディスクリート方式
反応容器 硬質ガラス製(光路長5mm)
反応時間 約10分
恒温方式 ウォーターバス方式
反応温度 37℃
攪拌 ピエゾ攪拌方式(2ヵ所)
測定波長 340~804nm(16波長)
測光方式 反応管直接測光方式、1波長または2波長
オンラインインターフェイス RS232C
データ処理 多点検量線、検量線有効期限切れ表示、検量線履歴、自動キャリブレーション、反応タイムコース(33点)、試薬残量表示、試薬ボトル渡り、試薬ボトル共有、試薬不足スキップ、サンプル不足スキップ、障害物検知、精度管理(日内、月間、リアルタイムQC)、キャリーオーバ回避洗浄、反応検定、フレックスレート、反応管スキップ、多重測定、サンプル自動希釈、自動再検依頼、スマートリポート、OSS機能、マルチアッセイ機能、再演算、色調補正、血清情報、項目間演算、プロセスモニタ、自動立ち上げ、自動シャットダウン、反応管アナライザ、ユーザーID/パスワード登録、光源ランプモニタ
オプション 55mLボトル用試薬ラック、試薬バーコードユニット
外形寸法・質量
外形寸法※ 分析部:1896(W)×1150(D)×1437(H)mm
質量※ 分析部:約780kg
電源 分析部:AC200V
消費電力 分析部:最大3kVA

※コンソール部は分析部に含む

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。