ご確認ください

東芝メディカルシステムズウェブサイト(www.toshiba-medical.co.jp)は、
薬事法対象商品の情報を医療従事者向けにお届けするためのコンテンツを含んでおります。
お客様がアクセスされたページは医療従事者向けの情報を掲載しているため、
閲覧は医療従事者限定とさせていただきます。

あなたは医療従事者(医師、診療放射線技師など)ですか?

閲覧のためにJavascriptを有効にしてください。

はいいいえ

◎「いいえ」の場合は、東芝メディカルシステムズWebサイト内「一般のお客様へ」ページへリンクします。

TBA™-c8000 検査室の効率化とワークフローの改善をめざして。

操作性の良いインテリジェントラックサンプラにより、作業効率が向上します。また免疫測定オプション付タイプは、さらに幅広い検査業務の統合化や効率化が実現できます。

操作性の良いインテリジェントラックサンプラ

装置前面のどこからでも検体ラックを架設できます。緊急検体専用位置があり、緊急検体を架設すると直ちに測定が開始されます。コンソール部の測定開始操作は不要です。

化学発光免疫測定法による免疫血清検査への拡張

免疫測定オプションの追加を実現しました。1本の採血管で生化学検査と免疫検査が連続的に測定できるので、効率的な検査フローをトータルにサポートし、患者さんの負担を軽減します。

標準タイプ
スタンドアローン(生化学検査単体での運用)モデルです。

免疫測定オプション付タイプ
標準タイプに免疫測定オプションを追加したモデルです。

検体間のキャリーオーバを低減

サンプルプローブの洗浄強化、自動位置調整機能などにより、検体間のキャリーオーバを0.1ppm以下に抑えています。免疫測定装置と連結した場合にも生化学項目から測定できます。

サンプル詰まり検知機能を装備

サンプリング時の吸引圧をモニタリングし、フィブリンなどによるプローブの詰まりを検知します。測定開始段階で検知できるため、報告時間の短縮、ランニングコストの低減につながります。

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。