ご確認ください

東芝メディカルシステムズウェブサイト(www.toshiba-medical.co.jp)は、
薬事法対象商品の情報を医療従事者向けにお届けするためのコンテンツを含んでおります。
お客様がアクセスされたページは医療従事者向けの情報を掲載しているため、
閲覧は医療従事者限定とさせていただきます。

あなたは医療従事者(医師、診療放射線技師など)ですか?

閲覧のためにJavascriptを有効にしてください。

はいいいえ

◎「いいえ」の場合は、東芝メディカルシステムズWebサイト内「一般のお客様へ」ページへリンクします。

トップページ > 商品情報 > CT > Aquilion™ PRIME / Focus Edition

マルチスライスCTシステムAquilion PRIME

64列CTを超える基本性能を持ち、施設の設置環境に柔軟に対応できる80列検出器/160スライスCT。高分解能と高速撮影、被ばく低減と高画質など、64列CTではトレードオフの関係であったあらゆる要素を高いレベルで両立します。また、ガントリ内ユニットの小型化・レイアウト最適化を実施。開口径780mmのワイド・ボアでありながら、コンパクトなガントリであり、検査室の最小設置スペース14.8m²を実現します。

高速撮影&高解像度

0.5㎜×80列(160スライス)検出器と0.35秒回転のヘリカルスキャンにより、広範囲を高速かつ高分解能で撮影。臨床に役立つ、0.5mm高分解能画像を提供します。

イメージ

被ばく低減&高画質

最新の被ばく低減技術や金属アーチファクト低減技術を標準搭載。東芝独自のAIDR 3Dにより、高画質はそのままに、最大約75%の被ばく低減。金属アーチファクトもSEMARで大幅に低減が可能です。

イメージ

高速ワークフロー

780mmワイドボアによる容易なポジションセッティング、高速撮影、撮影直後から画像を確認できる InstaView、並行処理による超高速画像再構成などが、ワークフロー全体を高速化します。

イメージ

性能向上と「ダウンサイジング」を両立

リプレースの場合でもCT検査室を拡張することなく設置できることを目指し開発されました。大口径vsコンパクト、高性能化vs狭小化という相反する命題を、高次元で両立させています。

イメージ

TOSHIBA Group Excellent ECP認定製品

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。