ご確認ください

東芝メディカルシステムズウェブサイト(www.toshiba-medical.co.jp)は、
薬事法対象商品の情報を医療従事者向けにお届けするためのコンテンツを含んでおります。
お客様がアクセスされたページは医療従事者向けの情報を掲載しているため、
閲覧は医療従事者限定とさせていただきます。

あなたは医療従事者(医師、診療放射線技師など)ですか?

閲覧のためにJavascriptを有効にしてください。

はいいいえ

◎「いいえ」の場合は、東芝メディカルシステムズWebサイト内「一般のお客様へ」ページへリンクします。

トップページ > 商品情報 > 360 Degrees of Safety > CTの被ばく低減技術の歴史

当社CTにおける被ばく低減技術の歴史

線量低減を行いつつ、
良好な画質を担保するために誕生した当社の被ばく低減の歴史
装置の高性能化と共に進化する被ばく低減技術、その臨床的な有用性を損なうことなく、いかに低被ばく化するかが、つねに問われ続けています。この課題に独自のスキャン方式、様々な被ばく低減アプリケーションの相乗効果によりルーチンとして低線量撮影が行うことを目指してきました。国内のCT販売台数シェア50%超(2012年度当社調査)の企業として、被ばくトータルソリューションと被ばく低減を実現します。

  • RASP
  • Quantum I
  • Real EC
  • Quantum II
  • Quantum III
  • ECG Dose Modulation
  • QDS
  • Boost3D
  • Volume EC
  • Quantum IV
  • VHP
  • Flash scan
  • Active Collimator
  • AIDR 3D

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。