ご確認ください

東芝メディカルシステムズウェブサイト(www.toshiba-medical.co.jp)は、
薬事法対象商品の情報を医療従事者向けにお届けするためのコンテンツを含んでおります。
お客様がアクセスされたページは医療従事者向けの情報を掲載しているため、
閲覧は医療従事者限定とさせていただきます。

あなたは医療従事者(医師、診療放射線技師など)ですか?

閲覧のためにJavascriptを有効にしてください。

はいいいえ

◎「いいえ」の場合は、東芝メディカルシステムズWebサイト内「一般のお客様へ」ページへリンクします。

トップページ > 商品情報 > 新規開業プラン > 医療機器・情報システム

新規開業プラン

東芝メディカルシステムズの開業支援プログラム

  • 概要
  • ファイナンス商品
  • 医療機器・情報システム
  • 国内サービス
  • お問い合わせ・資料請求
医療機器・情報システム

病室から院内NetWorkシステムへ

地域医療にいま、求められていること。
地域のかかりつけ医として安心と信頼を提供する診療所。
地域中核病院として診療所からの紹介をも受ける病院。
医療機関はそれぞれの機能に応じて役割を分担し、地域医療グループとして連携していくことが必要とされます。
これらの課題に答えられるのはトータルソリューションプロバイダーの当社だけ。
当社が提供するソリューションにご期待ください。

地域医療連携に最適のソリューション

  • X線テレビ
  • CT装置
  • 電子カルテシステム/医療会計システム
  • 一般X線
  • 超音波診断装置
  • 心電計

当社はお客さまのニーズに合った装置・情報システムをトータルにご提供いたします。

院内システム化によるメリット

診療所をシステム化することは医療の質の向上、患者さんへのサービス向上にとても有効です。

  • 電子カルテの導入は、検査履歴の容易な検索、
    見やすい画面での患者さんのインフォームドコンセントなどを実現します。
  • 電子カルテとレセプトコンピュータを連動させると、
    カルテからの転記ミスや取り漏れ・取り忘れミスが大幅に軽減されます。
    電子カルテで入力されたオーダ情報は受付でも利用でき、受付での再入力の手間がなくなるため、
    患者さんの会計待ち時間短縮に貢献します。
  • さまざまな装置で検査したデータをデジタル管理することで、省スペース化がはかれるだけでなく、
    電子カルテにデータを転送し、患者さんを一元管理することができます。
  • 地域病院とも患者さんデータを共有することにより、スムーズな連携が図れます。

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。