ご確認ください

東芝メディカルシステムズウェブサイト(www.toshiba-medical.co.jp)は、
薬事法対象商品の情報を医療従事者向けにお届けするためのコンテンツを含んでおります。
お客様がアクセスされたページは医療従事者向けの情報を掲載しているため、
閲覧は医療従事者限定とさせていただきます。

あなたは医療従事者(医師、診療放射線技師など)ですか?

閲覧のためにJavascriptを有効にしてください。

はいいいえ

◎「いいえ」の場合は、東芝メディカルシステムズWebサイト内「一般のお客様へ」ページへリンクします。

トップページ > 商品情報 > MRI > 強力な磁場に対する注意のお願い

医療(MR)検査に従事される先生方へ
強力な磁場に対する注意のお願い
MRI装置は磁石を用いて被曝無しに人体の情報を得る装置です。近年、MRI装置の普及に伴い、その強力な磁石に磁性体が引きつけられる事故が増えてまいりました。MRI装置をご使用になられる皆様には、以下の点について必ず注意いただきますようお願い申し上げます。
( ※磁性体とは磁石に引きつけられるもの、磁石に引き付けられないものを非磁性体、と言います。)
point1 ・磁石架台が設置され磁場が発生している部屋には、磁性体を持ち込むことのないように、検査を行う前に必ず磁性体を身につけていないか確認を御願いいたします。身近な磁性体では、例えばシャープペンシル、ボールペン、ベルト、鍵、装身具(ネックレス、イヤリングなど)、ヘアピンなどがあります。医療器具もMR室で使用できる専用の非磁性器具を必ずご使用ください。引きつけられた磁性体は磁石架台に跳び込み、重大な事故を引き起こしたり、人を傷つけたりすることさえありますので、くれぐれもご注意ください。特に、患者さんへの緊急対応のため反射的に酸素ボンベを撮影室に持ち込んでしまうことも起こり得ます。
point2 ・磁石架台の設置され磁場が発生している部屋には、磁場管理区域が設けられて場に関する警告のサインが入り口に掲示してあります。この管理区域内では磁場に対して上記の注意をしてください。なお、磁石架台の近くは磁場が強いので、部屋の入り口付近では引きつけられなくても、近くに寄ると突然強い力で引きつけられることがあります。
point3 ・病院内で定期的にMRI装置における磁場安全対策の伝達教育を行って下さい。特に、MR担当が変る場合などは、注意が必要です。

●磁性体が引き付けられる際の衝撃実験の様子。

左側のベニヤ板の向こうには、
MR装置の磁石架台があります。

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。