ご確認ください

東芝メディカルシステムズウェブサイト(www.toshiba-medical.co.jp)は、
薬事法対象商品の情報を医療従事者向けにお届けするためのコンテンツを含んでおります。
お客様がアクセスされたページは医療従事者向けの情報を掲載しているため、
閲覧は医療従事者限定とさせていただきます。

あなたは医療従事者(医師、診療放射線技師など)ですか?

閲覧のためにJavascriptを有効にしてください。

はいいいえ

◎「いいえ」の場合は、東芝メディカルシステムズWebサイト内「一般のお客様へ」ページへリンクします。

Large Bore TOF PET-CTシステム Celesteion

 

Safety and High Quality

TOF(Time OF Flight)

反対方向に放出される2 つのガンマ線を検出するPET 装置。Time-of-Flight ではこの2 つのガンマ線が検出器に入社する時間差からその発生位置を推定することで、PET 画像の画質向上効果を得ることができます。
Celesteion では時間分解能450 ピコ秒以下(Typical 394 ピコ秒)の高い性能を持ったTOF を搭載しているため消滅放射線の発生位置を高い精度で推定し、より高画質のPET 画像を生み出します。

TOF(Time OF Flight)

Large Bore

Celesteion のガントリ開口径はCT 部が900mm、PET 部が880mm です。体格の大きい被検者でもガントリとの間に十分な空間があるので、圧迫感のない快適な環境で検査を受けることができます。また、検査中の被検者の様子が見やすく、より安全に検査が行えます。
また、最大700mmのCT 撮影FOV は、従来の500mmまでのCT 撮影FOV では困難だった広い範囲まで定量性を維持できるため、より自由な体位で検査を実施することが可能です。

Large Bore

Large Bore

AIDR 3D

AIDR 3D は収集された投影データ上で、統計学的ノイズモデル、スキャナーモデルを用いてノイズを低減します。さらに、アナトミカルモデルを用い、画像再構成の中でノイズ成分のみを抽出して繰り返し除去します。

Large Bore

Large Bore

Advanced Technology

SEMAR

SEMAR(Single Energy Metal Artifact Reduction)は、通常のSingle Energy(120kV 等)で撮影された画像から、投影(Forward Projection)と逆投影(Back Projection)を複数回繰り返す過程で金属アーチファクト成分を選択的に低減する再構成技術です。SEMAR を適用したCT 画像をPET 減弱補正に使用することで、PET 画像の定量性が向上します。

SEMAR ON

SEMAR OFF

PSF(Point Spread Function)

PET では検出器がリング状に配列されているため、有効視野の辺縁であるほど 画像にボケが生じます。そこで、あらかじめ測定した点広がり関数(PSF:Point Spread Function)をPET 画像再構成のプロセスに組み込む事により、空間分解能やノイズ特性を改善します。

PSF ON

PSF OFF

呼吸同期撮像

PET 収集と同時に呼吸同期モニタ装置からのトリガ信号を保存し、レトロスペクティブに位相同期PET 画像を再構成することができます。これにより、呼吸体動の影響を低減したPET 画像を得ることができ、定量性の向上に寄与します。

呼吸同期撮像

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。