ご確認ください

東芝メディカルシステムズウェブサイト(www.toshiba-medical.co.jp)は、
薬事法対象商品の情報を医療従事者向けにお届けするためのコンテンツを含んでおります。
お客様がアクセスされたページは医療従事者向けの情報を掲載しているため、
閲覧は医療従事者限定とさせていただきます。

あなたは医療従事者(医師、診療放射線技師など)ですか?

閲覧のためにJavascriptを有効にしてください。

はいいいえ

◎「いいえ」の場合は、東芝メディカルシステムズWebサイト内「一般のお客様へ」ページへリンクします。

 

Advanced Technology

3検出器システム

2つの検出器をそれぞれ180°回転させ断層像を得る2検出器型装置に対して、3つの検出器を搭載したGCA-9300R™は120°回転するだけとなり、より効率よくデータ収集することができます。同等の画質で検査時間を短縮、あるいは同等の検査時間ではより高画質。希望に応じて選択肢が広がります。

検出器

高精度2インチ光電子増倍管

検出器には一般的な3インチよりも小さい2インチの光電子増倍管を採用し、2倍以上の密度で配置しました。これにより精密なサンプリングが可能となり、直線性や均一性の向上に寄与します。

光電子増倍管

頭部と心臓に最適な検出器サイズ

ファンビームコリメータを用いた頭部SPECT検査での有効視野は22cm。パラレルホールコリメータを用いた心筋SPECT検査では38cmでの使用が可能です。心臓以外の高集積部位の影響を考慮しトランケーションエラーを抑える有効視野を確保することで、頭部と心臓それぞれに最適な視野を実現しています。

検出器サイズ

Brain SPECT

高画質を支えるファンビームコリメータ(オプション)

特殊な構造を持つファンビームコリメータによる拡大効果は、深部情報および脳表の描出能を大幅に向上させます。さらに、高分解能ファンビームコリメータは、低エネルギー高分解能パラレルホールコリメータとほぼ同等の総合分解能を持ちながら、約1.8倍の高感度化を実現。3つの検出器との相乗効果により、優れた空間分解能と飛躍的な感度向上が得られます。

ファンビームコリメータ

頭部検査用ヘッドドーム

検出器を受診者に近づけることで空間分解能に優れたSPECT画像を得られますが、そのためのセットアップは大変です。ヘッドドームを用いることで、安心・安全かつ迅速に検査を行うことができます。

ヘッドドーム

頭部検査に便利な細やかな機能を装備

被検者の首や肩の状態はそれぞれ異なります。上下動可変型ヘッドレストは、負担の少ないポジションへの微調整や、投光器と併せたOMラインの設定等に効果的です。

頭部検査

画像フュージョンソフトウェア「Mirada XD」(オプション)

マルチモダリティに対応した、2データの位置合わせが可能なソフトウェアです。SPECT画像にCT・MRI等の位置情報を追加することで、画像診断の手助けをします。形態情報の乏しい症例でも非常に高い精度で位置合わせを行います。

Mirada XD

Cardiac SPECT

低中エネルギー汎用(LMEGP)パラレルホールコリメータ

感度と分解能という相反するパラメータを徹底的に検討。さらに心筋SPECT検査で使用される3つの放射性核種(Tl-201、Tc-99m、I-123)に対応できる遮蔽力を備えることで、心筋SPECT検査に最適なコリメータに仕上げました。

LMEGP

心筋SPECT画質改善ソフトウェア「SSPAC」

SSPACは体内でのガンマ線吸収の影響を改善するソフトウェアです。肺や肝臓、骨など多様な臓器に囲まれた心臓では、CTなどの形態情報が必要でしたが、SPECTデータだけで行えるため、被ばく・費用・検査時間の増加がなく、同様の処理が行えます。

SSPAC

心臓解析ソフトウェア「Cedars Cardiac Package」(オプション)

世界的に使用されているQGSをはじめ、QPS、QBS、Companion Package、Plus Packを含む、Cedars Cardiac Packageを搭載できます。Phase解析やMotion Frozenなど最新の心臓解析機能をご使用いただけます。

心臓解析ソフトウェア

冠動脈CT画像フュージョンソフトウェア「NM Cardiac Fusion」(オプション)

冠動脈CT画像と心筋SPECT画像のフュージョンが可能なソフトウェアです。3D画像のフュージョンのみではなく、ポーラーマップを同時に表示して、さらにポーラーマップ上に実際の患者様の冠動脈CT画像をオーバーレイして表示する機能をご使用いただけます。
虚血領域の判定にはもちろん、患者様への説明にも有用です。

NM Cardiac Fusion

User Friendly

乗降しやすい低床式寝台

天板は最低地上高46cmまで下がります。小柄な受診者の方も腰を掛けることができ、その状態からスムーズに天板に横たわることができます。

低床式寝台

位置決め・介助に集中できる操作性

位置決め用画像表示と数値表示を統合した被検者位置決めモニタに、ハンドスイッチを組み合わせることで位置決めに集中できます。また、コリメータ交換や寝台乗降など用途に応じて設定した位置へ、ワンボタンで移動するオートスイッチを搭載。介助に集中できます。

操作性

収集ワークステーション

当社共通のルック&フィールによる円滑な操作習熟と、収集プロトコル作成・編集機能による柔軟な検査対応を実現。スピーカーを内蔵した緊急停止ボタンからは、検査終了や非常事態などアラームによる注意喚起を行えます。

ワークステーション

処理ワークステーション

定量性を追求した当社再構成ソフトウェア(TEW法、Iterative Chang法など)に加え、CT画像との自動位置合わせ機能、ギブスの振動などのアーチファクトを抑制したコリメータ開口補正付OSEM再構成(3D-OSEM)といった最新技術を搭載。高度な画像再構成に対しても、専用GPUを用いることで速やかに処理結果を提供します。

ワークステーション

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。