ご確認ください

東芝メディカルシステムズウェブサイト(www.toshiba-medical.co.jp)は、
薬事法対象商品の情報を医療従事者向けにお届けするためのコンテンツを含んでおります。
お客様がアクセスされたページは医療従事者向けの情報を掲載しているため、
閲覧は医療従事者限定とさせていただきます。

あなたは医療従事者(医師、診療放射線技師など)ですか?

閲覧のためにJavascriptを有効にしてください。

はいいいえ

◎「いいえ」の場合は、東芝メディカルシステムズWebサイト内「一般のお客様へ」ページへリンクします。

トップページ > 商品情報 > 画像ソリューション

医用画像は現在の医療において不可欠の情報となっています。
この画像情報を部門の中で効率的に保管・通信するためのソリューションをご紹介します。

部門別画像ソリューションとは

部門別画像ソリューション図 Radiology Cardiology RIS PASC HIS CardioAgent Pro REPORT

Radiology
画像診断部門にはPACS/RIS/Reportという3つのサブシステムがあります。PACSはModalityから発生する画像を保管・配信し、RISは画像診断部門の検査事務や業務集計等の機能を担い、PACSと連動することによりワークフローの効率化を実現します。さらにReportシステムはPACSを用いた読影結果をデータベース化します。

PACS、REPORT
RIS

Cardiology
循環器部門を中心に発生する動画データの配信・保管、レポーティング、症例データベースの構築、電子カルテやPACSとの連携など、統合的なソリューションにより、循環器部門のワークフローの改善を実現します。

動画ネットワークシステム

HIS/RIS/PACS/Report/Modalityの連携

従来、各システムは独立して運用され、患者IDの再入力、複数端末、画像の再現性といったワークフロー上の問題を抱えていました。当社は、施設毎の状況に応じてシステム間の相互運用性を図り、これらの課題を解消するための統合ソリューションを提案していきます。

連携図
商標
  • ・RapideyeCore、Rapideye、RapideyeAgent、CardioAgent、Healthcare@Cloudは東芝メディカルシステムズ株式会社の商標です。
医療機器製造販売認証番号
一般的名称 汎用画像診断装置ワークステーション用プログラム
販売名 汎用画像診断ワークステーション用プログラム RapideyeCore SVIW-DVR01
認証番号 227ADBZX00053000
一般的名称 汎用画像診断装置ワークステーション用プログラム
販売名 汎用画像診断ワークステーション用プログラム RapideyeCore SVIW-AVLE01
認証番号 227ADBZX00059000
一般的名称 汎用画像診断装置ワークステーション用プログラム
販売名 汎用画像診断ワークステーション用プログラム RapideyeCore SVIW-TMH05
認証番号 227ADBZX00060000
一般的名称 汎用画像診断装置ワークステーション用プログラム
販売名 汎用画像診断ワークステーション用プログラム RapideyeCore SVAS-01
認証番号 229ABBZX00002000

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。