ご確認ください

東芝メディカルシステムズウェブサイト(www.toshiba-medical.co.jp)は、
薬事法対象商品の情報を医療従事者向けにお届けするためのコンテンツを含んでおります。
お客様がアクセスされたページは医療従事者向けの情報を掲載しているため、
閲覧は医療従事者限定とさせていただきます。

あなたは医療従事者(医師、診療放射線技師など)ですか?

閲覧のためにJavascriptを有効にしてください。

はいいいえ

◎「いいえ」の場合は、東芝メディカルシステムズWebサイト内「一般のお客様へ」ページへリンクします。

迅速検査ソリューション

Rapiim Flu-AB

導入方法について

Q. 装置は購入か?
A. いいえ、販売はいたしません。すべて装置はレンタルでのご提供となっています。
Q. 検査キットの入手方法は?
A. 東芝メディカルシステムズ株式会社ホームページからのオンライン販売となっています。
検査キットのご注文はこちら」からご購入ください。(装置をレンタル契約されたお客様のみアクセスが可能です)

測定について

Q. 検体採取方法は従来と同じか?
A. はい、従来のイムノクロマト法などの検体採取方法と同じです。
現在の対象検体種は3種類となっています(鼻腔拭い液、鼻かみ液、鼻腔吸引液)。
Q. 指定の鼻かみ液採取用紙はあるか?
A. はい、当社指定の鼻かみ液採取用紙をご使用ください。
当社指定の鼻かみ液採取用紙はデンカ生研株式会社の「鼻かみ液採取用紙」です。
  • 販 売 元:デンカ生研株式会社
  • 製品番号:324672
  • 商品内容:鼻かみ液採取用紙 50枚/箱
Q. 他の鼻かみ液採取用紙は使用可能か?
A. いいえ、当社指定以外の鼻かみ液採取用紙は使用しないでください。現在、測定において使用可能なことを確認している鼻かみ液採取用紙はデンカ生研株式会社販売品のみとなっています。
Q. 他社キットの滅菌スワブは使用可能か?
A. いいえ、使用しないでください。現在、測定において使用可能なことを確認している滅菌スワブは本キット付属の滅菌スワブとなっています。他社キットの滅菌スワブは使用しないでください。

装置の保守について

Q. 校正は必要か?
A. 不要です。一方、点検が必要です。定期的(1ヶ月毎)に装置付属の点検用カートリッジを用いて、お客様ご自身で実施をお願いいたします。点検用カートリッジをセットするだけで自動点検いたします。
Q. 故障が疑われた場合は?
A. まず、点検用カートリッジで点検を行ってください。NGと出る場合は、東芝メディカルシステムズコールセンタまでご連絡願います。連絡先は、ご契約頂いたお客様にお知らせいたします。
Q. 故障時の対応は?
A. 代替装置との交換となります。故障に伴う交換費用はレンタル代に含まれますが、次のような場合は別途費用をご請求いたします。(1)お客様の故意・過失による故障、(2)天変地異による故障
Q. オプションプリンタ用紙の購入方法は?
A. 汎用品ですので、下記の型名のプリンタ用紙をご購入願います。
  • プリンタ用紙型名:TP-S245L-1(プリンタ名:DPU-S245)
  • プリンタ用紙仕様:紙幅58mm Φ38mmロール紙、10巻/箱
  • 取扱い会社:株式会社OKIデータ・インフォテック
  • オーダリングシステム:http://okidata-infotech-online.com/shop/g/gT0293/

インフルエンザウイルスキットRapiim™ Flu-ABをご使用の際は蛋白質分析装置Rapiim™ Eye 10が必要となります。同装置はレンタルにてご提供いたします。

装置をレンタル契約されたお客様のみアクセスが可能です

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。