ご確認ください

東芝メディカルシステムズウェブサイト(www.toshiba-medical.co.jp)は、
薬事法対象商品の情報を医療従事者向けにお届けするためのコンテンツを含んでおります。
お客様がアクセスされたページは医療従事者向けの情報を掲載しているため、
閲覧は医療従事者限定とさせていただきます。

あなたは医療従事者(医師、診療放射線技師など)ですか?

閲覧のためにJavascriptを有効にしてください。

はいいいえ

◎「いいえ」の場合は、東芝メディカルシステムズWebサイト内「一般のお客様へ」ページへリンクします。

Elekta Synergy

 

高画質

XVI(X-ray Volume Imaging)の機能

Elekta Synergy®には、診断領域で使われるキロボルトの電圧を利用して画像を撮影することのできるX線位置決め装置である、X-ray Volume imaging (XVI) が搭載されています。
XVIでは、2D単撮影モード(PlanarView™)、2D連続撮影モード(MotionView™)、3Dボリューム撮影モード(VolumeView™)の3つのモードを利用することができます。

VolumeView™
患者様のセットアップ後、リニアックのガントリを回転させて、コーンビームCTの技術によって3Dのボリュームデータを収集するモードです。XVIを所定の位置に設定後、ガントリを回転させてデータを収集します。この時収集されるデータは、各角度における投影像※(プロジェクション)です。

最新のAdobe Flash Playerが必要です。

MotionView™
XVIを所定の位置に設定後、ガントリを固定させたままでデータを連続して収集します。収集されたプロジェクションデータを連続して再生することにより、X線透視のような機能が得られます。呼吸性移動の大きい肺野の腫瘍などの動きを直接確認し、設定した照射野の照合に役立ちます。

最新のAdobe Flash Playerが必要です。

PlanarView™
XVIを所定の位置に設定後、ガントリを固定させてデータを収集します。これは診断領域で行われているX 線の単発撮影に相当するもので、1回の撮影で1枚の画像が得られます。従来行われてきたMV電圧のポータルイメージ画像と比べて格段に優れた画質を有し、肺野や骨構造、インプラントされたマーカ等を明確に確認することができます。

PlanarView

Symmetry™(※)
Symmetryは、肺腫瘍などの呼吸性移動を伴う腫瘍の放射線治療を4DコーンビームCTを利用してサポートするソリューションです。治療直前に撮像した4DコーンビームCT画像によって治療当日の腫瘍の動きを4D計測し、寝台位置の補正を容易に行うことができます。

(※)オプション

Symmetry

高精度

Volumetric Intensity Modulated Arc Therapy(VMAT)

VMATは、ガントリを回転させながら、マルチリーフコリメーター、照射ヘッド、バックアップコリメーター、線量率をダイナミックに動作し、ガントリ回転速度と線量率の変化によって、強度変調を行います。従来の強度変調放射線治療(IMRT)に比べて、短い照射時間でターゲットに限局した放射線治療が可能となり、患者さんへの余分な被ばくの低減も期待できます。
「Elekta Synergy®」は最新の強度変調放射線治療であるVMATに対応しています。

特長
・1回転照射もしくは複数回転照射による理想的な線量分布
・照射時間は1分30秒~3分
・ダイナミックに移動するもの(ガントリの回転と回転速度/MLC/バックアップダイアグラム/線量率/コリメータ角)

最新のAdobe Flash Playerが必要です。

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。