ご確認ください

東芝メディカルシステムズウェブサイト(www.toshiba-medical.co.jp)は、
薬事法対象商品の情報を医療従事者向けにお届けするためのコンテンツを含んでおります。
お客様がアクセスされたページは医療従事者向けの情報を掲載しているため、
閲覧は医療従事者限定とさせていただきます。

あなたは医療従事者(医師、診療放射線技師など)ですか?

閲覧のためにJavascriptを有効にしてください。

はいいいえ

◎「いいえ」の場合は、東芝メディカルシステムズWebサイト内「一般のお客様へ」ページへリンクします。

トップページ > 商品情報 > 健診ソリューション > 総合健診施設向けシステム > HealthcareAgent™[総合健診システム]

総合健診システムHealthcareAgentは、受診者にも、医療スタッフにも快適な環境づくりをやさしくサポート。しかも医療分野のIT化の流れに対応するため、柔軟なシステム連携機能と拡張性を装備。総合医用機器システムメーカー東芝メディカルシステムズならではの豊富な経験とノウハウを結集したシステムです。

総合健診システムの沿革

当社は1970年、日本初の3時間ドックの自動化健診システムを開発し、半世紀もの間、健診施設様と共に予防医療の発展を支えて来ました。

総合健診システムのこれまで

このページのトップへ

製品特長

1やさしいインターフェース

業務毎に取り扱う情報を整理し、操作項目を一つの画面に集約。視認性の高い色とアイコンの採用により、直感的でわかりやすい操作環境を実現。医師による面接指導も説明しやすく、受診者も安心して受診できます。

  • メニュー画面
    メニュー画面
  • 面接画面
    面接画面
2施設運営のための機能を充実

メンテナンスツールを充実しました。検査追加や基準値の変更、帳票の変更などが簡単に施設内でできます。また、団体毎の渉外活動を記録・管理し、情報の共有化を図れ、料金や契約項目の確認書も作成できます。さらに、健診特有の多くの発送物を、発送時期、発送品目により管理。送付漏れの防止、再発行の手間を大幅に削減できます。

  • 渉外活動登録画面
    渉外活動登録画面
  • 発送物管理画面
    発送物管理画面
3安心のサービスネットワーク

全国69か所のサービス拠点を擁し、国内最大級のサービスネットワークとリモートサービスで、24時間365日の障害受付サポートが行なえます。

健診用ソフトウェアに対しては、トラブルへの迅速な診断・原因解明のため「遠隔保守システム(リモートメンテナンス)」の設定を推奨致します

サービスネットワーク

このページのトップへ

トータルソリューション

総合医用機器メーカーである当社は、健診センターに必要な総合健診システム、脳ドック・肺ドックなどに必要な画像診断装置、医用画像管理システムと連携したフィルムレス運用の「健診PACS」、病院情報システム、臨床検査システム等とシームレスに連携いたします。健診システム構築に豊富な実績とノウハウを駆使して、当社グループが一丸となってお客様のご要望に則したトータルソリューションをご提供いたします。

健診PACS

当社製医用画像管理システム「Rapideye™シリーズ」およびデジタル画像診断装置と組み合わせることにより、フィルムレス運用の画像統合健診システム「健診PACS」へ発展することができます。撮影画像と健診データが連動したトータルシステムにより検査時、読影時、面接時にスムーズな健診業務をサポートします。

健診PACS

医事会計システム連携

当社の医事会計システム(HAPPY/TOSMEC)と受診者ID情報の連携ができます。

健診結果WEB参照

院内LANなどのイントラネットを経由して他システム端末から健診結果を参照することができます。

イントラネット経由

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。