ご確認ください

東芝メディカルシステムズウェブサイト(www.toshiba-medical.co.jp)は、
薬事法対象商品の情報を医療従事者向けにお届けするためのコンテンツを含んでおります。
お客様がアクセスされたページは医療従事者向けの情報を掲載しているため、
閲覧は医療従事者限定とさせていただきます。

あなたは医療従事者(医師、診療放射線技師など)ですか?

閲覧のためにJavascriptを有効にしてください。

はいいいえ

◎「いいえ」の場合は、東芝メディカルシステムズWebサイト内「一般のお客様へ」ページへリンクします。

SREX-A32B

当社の胸部集団検診システムは人に優しい技術の結晶。
検査をより効率的にこなせるように、操作性が一段と向上。より確かな検査をスムースに行うことができます。

  • 車載搭載時における、振動や温度等の厳しい環境条件下での使用を考慮した設計になっています。
  • 出力32kWのハイパワーX線装置により、動態ボケの少ない高精細な画像を提供します。
  • 限られたスペースを有効的に使えるコンパクト設計です。
  • 簡単操作のカラー液晶タッチパネルを採用しています。
  • X線撮影条件を、デジタル撮影台にオンライン通信できます。(オプション)

標準装備

MXO-32B(胸部用X線高電圧装置)

32kWの大出力により、胸部撮影時30ms以下の短時間撮影を実現し、動態ボケの無い高鮮鋭画像が得られます。カラー液晶タッチパネルに自由に選べるメニュー画面を構成し、操作性に優れます。

MXO-32B

 
32kW大容量X線発生装置
300kHUの大型X線管球による大電流短時間撮影ができ、動態ボケの無い高鮮鋭画像が得られます。
実曝射のmAs量及び撮影時間の表示
mAs量と撮影時間(msec)両方が表示され、X線照射量の管理が容易です。
自由に選べるメニュー画面
4種類の自由に選べるメニュー画面に、それぞれの機能を集約し、ワンタッチ操作が可能です。
カラー液晶タッチパネル
X線撮影条件の設定表示は大型カラー液晶タッチパネルを用いており、視認性に優れます。また、頻繁に使用するプログラム撮影設定スイッチは、圧力感知式タッチスイッチを採用しており、確実なクリックが可能です。
オートプログラム撮影
登録された複数のプログラムにて、撮影後に次のプログラムが自動設定されて、順次撮影するオートプログラム撮影ができます。
自己診断機能
システムトラブル時は自己診断機能により日本語によりメッセージを表示。 エラーコードに比べて分りやすく、マシンがどのような状況にいるのか容易に判断することが可能です。
  • グラフ
  • オートプログラム
  • メッセージ表示

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。