ご確認ください

東芝メディカルシステムズウェブサイト(www.toshiba-medical.co.jp)は、
薬事法対象商品の情報を医療従事者向けにお届けするためのコンテンツを含んでおります。
お客様がアクセスされたページは医療従事者向けの情報を掲載しているため、
閲覧は医療従事者限定とさせていただきます。

あなたは医療従事者(医師、診療放射線技師など)ですか?

閲覧のためにJavascriptを有効にしてください。

はいいいえ

◎「いいえ」の場合は、東芝メディカルシステムズWebサイト内「一般のお客様へ」ページへリンクします。

Dynamic Navigation

CV-3D™

CV-3D™は収集角度の違う2枚または3枚の血管造影像から三次元血管像を再構成し、これに基づき血管計測結果(血管長、血管径、血管狭窄率、分岐角度)を提供する三次元QCAです。冠動脈三次元画像が難易度の高いPCIを的確にサポートします。

CV-3D

3D Application

3D-Angio(3D-DSA)
回転DSA撮影から三次元再構成処理により得られる3D-DSA。多発性動脈瘤など、1回の造影では形態判断が困難であった動脈瘤を自由な方向から観察できます。

最新のAdobe Flash Playerが必要です。

最新のAdobe Flash Playerが必要です。

3D-Angio(3D-DA)
回転DA撮影から高速三次元再構成処理により、1回の撮影で血管像だけでなく骨や組織を描出します。断層像表示が可能で、血管と骨との位置関係や形状の検討に使用できます。

最新のAdobe Flash Playerが必要です。

LCI (Low Contrast Imaging)

コーンビームCTの再構成原理に基づくLCIにより、X線吸収の少ない軟部組織を断層、3D表示できます。このLCIによりインターベンションにおける治療効果の確認や手技のオリエンテーションに役立ちます。

最新のAdobe Flash Playerが必要です。

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。