ご確認ください

東芝メディカルシステムズウェブサイト(www.toshiba-medical.co.jp)は、
薬事法対象商品の情報を医療従事者向けにお届けするためのコンテンツを含んでおります。
お客様がアクセスされたページは医療従事者向けの情報を掲載しているため、
閲覧は医療従事者限定とさせていただきます。

あなたは医療従事者(医師、診療放射線技師など)ですか?

閲覧のためにJavascriptを有効にしてください。

はいいいえ

◎「いいえ」の場合は、東芝メディカルシステムズWebサイト内「一般のお客様へ」ページへリンクします。

トップページ > 商品情報 > X線アンギオグラフィ > 一般血管領域の診断・治療

一般血管領域の診断・治療 Vascular Angio

General Angio System 一般血管アンギオシステム

脳血管、腹部血管、末梢血管の診断・治療

  • ■大型FPD搭載床置きと天井走行の2種類のアームを、設置環境に応じてセレクトできます。
  • ■脳血管の高度な診断・治療までをカバーしたバイプレーンシステムもラインナップ、
    脳・放・消各科が共同で多目的に利用できます。
INFX-8000V
  • マルチアクセス型床置き式Cアーム
  • シングルプレーン
  • 12×16インチFPD
  • マルチアクセス型床置き式Cアームシステムに頭腹部撮影に最適な12×16インチの大視野FPDを搭載。
  • 頭部から腹部、そしてつま先まで全身血管の診断・治療に対応します。
  • 今までにない新発想のマルチアクセス機構と鮮明かつリアルな画像を生み出す先進の画像処理テクノロジーを搭載。
  • 低線量ながらも高画質を実現する画像処理コンセプトを搭載。
    PureBrain™
  • 頭腹部の診断・治療を支援するためのNeuro、General、Universal用オプションに対応可能です。当社の3D-Angioは再構成モードを場面に応じて複数の中から選択でき、短時間収集、高画質三次元画像を実現します。さらに軟部組織描出可能なコーンビームCTアプリケーションLow Contrast Imaging(LCI)は、血管系だけでなく全身領域の診断にご利用いただけます。
    Dynamic Navigation

8000V

INFX-8000V Biplane
  • マルチアクセス型床置き式Cアーム
  • バイプレーン
  • 12×16インチFPD(正面アーム)/12×12インチFPD(正・側面アーム)
  • マルチアクセス型床置き式の正面アームに12×16インチの大視野FPDを、天井走行式の側面アームに8×8インチのコンパクトなFPDを搭載。
  • 頭部だけでなく、腹部、つま先まで全身血管をカバーし、多目的に利用可能。
  • 頭部、胸部血管撮影や小児血管撮影ではバイプレーンにより造影剤を低減し、効率的な検査・治療を可能とします。
  • 低線量ながらも高画質を実現する画像処理コンセプトを搭載。
    PureBrain™
  • 頭腹部の診断・治療を支援するためのNeuro、General、Universal用オプションに対応可能です。当社の3D-Angioは再構成モードを場面に応じて複数の中から選択でき、短時間収集、高画質三次元画像を実現します。さらに軟部組織描出可能なコーンビームCTアプリケーションLow Contrast Imaging(LCI)は、血管系だけでなく全身領域の診断にご利用いただけます。
    Dynamic Navigation

8000VC

INFX-8000C
  • 天井走行式Cアーム
  • シングルプレーン
  • 12×12インチFPD/12×16インチFPD
  • 天井走行式Cアームシステムに12×16インチの大視野FPDを搭載。
  • 頭部だけでなく、腹部、つま先まで全身血管をカバーし、多目的に利用可能
  • 天井走行式ならではの広範囲な可動性能と高速Cアーム回転を実現し、素早いポジショニングによりリズミカルな検査の進行をサポートします。
  • 低線量ながらも高画質を実現する画像処理コンセプトを搭載。
    PureBrain™
  • 頭腹部の診断・治療を支援するためのNeuro、General、Universal用オプションに対応可能です。当社の3D-Angioは再構成モードを場面に応じて複数の中から選択でき、短時間収集、高画質三次元画像を実現します。さらに軟部組織描出可能なコーンビームCTアプリケーションLow Contrast Imaging(LCI)は、血管系だけでなく全身領域の診断にご利用いただけます。
    Dynamic Navigation

8000C

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。