ニュースリリース

東芝メディカルシステムズ株式会社
2011.11.24

患者被ばく低減に貢献するAIDR 3D搭載CTソフトウェア
無償バージョンアップ開始について

 

東芝メディカルシステムズ株式会社(本社:栃木県大田原市 社長:綱川 智)は、CT撮影時のさらなる線量低減を可能とする画像再構成技術AIDR 3D(エイダースリーディー :Adaptive Iterative Dose Reduction 3D )を搭載したソフトウェアVer. 4.74/4.75へのバージョンアップを順次開始いたします。

AIDR 3Dは、最大75%の線量低減が可能な最新かつ独創的な画像再構成アルゴリズムです。これにより、低線量域においても良好なノイズ抑制効果を発揮し、高い画質の担保が可能となります。従来の画像と比較して質感の変化が少なく、必要最小限の被ばくで最大限の画質、臨床情報を提供することができます。さらに、画像再構成に要する時間も従来とほとんど変わらないため、日常のCT検査スループットを阻害することなくご使用いただけます。また、撮影部位を選ばず、すべてのCT検査にAIDR 3Dによる低線量撮影が可能となります。

患者さんや医療従事者の被ばくに関する意識が高まっている今般、より低線量での検査を実現したいとのお客様のご要望にいち早くお応えするため、本ソフトウェアVer.4.74/4.75については、据付済みの対象装置(注1)に無償でバージョンアップを順次行います。
東芝のCTは国内の多くのお客様にご使用いただいております。AIDR 3Dが早く、広く、臨床の場で活用されることにより、不要な医療被ばくを抑えながら確実な診断・治療に結びつく画像を提供してゆくことが、国内リーディングカンパニーである弊社の使命と考えております。

  • 注1:ソフトウェアVer.4.74/4.75無償バージョンアップ対象機種 Aquilion ONE™、Aquilion™ Premium edition、Aquilion PRIME、Aquilion CXL edition また、2007年以降の64列CT、その他一部システムについては有償にてバージョンアップ可能となります。

【東芝メディカルシステムズについて】
東芝メディカルシステムズ株式会社は、疾病の早期発見のためのスクリーニング、診断から治療、治療後のフォローアップまで、医療施設におけるワークフロー全般に関するあらゆるニーズへのトータルソリューションを提供する国内市場における画像診断システムのトップメーカーです。
当社の経営スローガンである「Made for Life™」(患者さんのために、あなたのために、そしてともに歩むために)を通じ、かけがえのない命とお客様の成長・成功に役立つよう、一層の活動を進めてまいります。
東芝メディカルシステムズ(株)ホームページ:http://www.toshiba-medical.co.jp/

【地球環境への取り組み】
東芝グループの一員である 当社は、「地球内企業」としてより良い地球環境の実現のため、開発、調達、製造、販売、サービス、廃棄段階まで一貫して環境への影響に配慮した医療機器・システムの提供を通じて地球温暖化防止をはじめとし、資源有効活用、化学物質管理を通した地球との共生や豊かな価値の創造のために取り組みます。
東芝メディカルシステムズ(株)環境活動:http://www.toshiba-medical.co.jp/tmd/company/csr/
(株)東芝環境活動:http://www.toshiba.co.jp/env/jp/index_j.htm

※Aquilion ONE、Aquilion、Made for Lifeは東芝メディカルシステムズ株式会社の商標です。

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。