ニュースリリース

東芝メディカルシステムズ株式会社
2013.03.04

東芝メディカルシステムズ、韓国現地法人を設立

東芝メディカルシステムズ株式会社(本社:栃木県大田原市 社長:綱川 智)は、韓国法人 TI Medical Systems社(本社:韓国 ソウル 社長:Charles Ju)の株式をINFINITT Healthcare社から取得し、100%当社子会社として韓国現地法人を設立し、2013年4月より営業開始いたします。

TI Medical Systems社は、2009年に当社と韓国における有力PACSメーカーであるINFINITT Healthcare社(本社:韓国 ソウル 社長:Yong-Eum Ban)の出資(出資率:当社30% INFINITT Healthcare70%)により設立され、当社の代理店として韓国国内の販売・サービスを行ってまいりました。世界で唯一の160mmエリアディテクター搭載のAquilion ONE™を現地主要医療機関へ12台納入するなど最先端医療機器の納入実績を築いています。
今回の現地法人化により同国市場への取り組みをさらに強化し、販売好調なCTに加え、MRI、超音波診断装置、X線診断装置など高付加価値製品の投入により確実にシェアを伸ばしていきます。
韓国の医療機器市場は今後平均成長率が10%と、世界成長率(9.6%)を上回る伸長が予測されており、BRICsに続くNext Elevenとして重要性を増していくと考えられます(Espicom Medical Market Forecasts to 2016をもとに当社で算出)。今後諸先進国と同様に高齢化社会を迎えると予測され、高度医療診断の需要増加による市場の成長が期待されます。当社はお客様との交流をより一層深め、市場に求められる製品・サービスを提供してまいります。

新会社概要
所在地 韓国 ソウル
社長 Mr. Charles Ju
事業内容 医療機器の販売およびサービス
名称 Toshiba Medical Systems Korea Co., Ltd(予定)
従業員数 69名

【東芝メディカルシステムズについて】
東芝メディカルシステムズ株式会社は、疾病の早期発見のためのスクリーニング、診断から治療、治療後のフォローアップまで、医療施設におけるワークフロー全般に関するあらゆるニーズへのトータルソリューションを提供する国内市場における画像診断システムのトップメーカーです。
当社の経営スローガンである「Made for Life™」(患者さんのために、あなたのために、そしてともに歩むために)を通じ、かけがえのない命とお客様の成長・成功に役立つよう、一層の活動を進めてまいります。
東芝メディカルシステムズ(株)ホームページ:http://www.toshiba-medical.co.jp/

【地球環境への取り組み】
東芝グループの一員である当社は、「地球内企業」としてより良い地球環境の実現のため、開発、調達、製造、販売、サービス、廃棄段階まで一貫して環境への影響に配慮した医療機器・システムの提供を通じて地球温暖化防止をはじめとし、資源有効活用、化学物質管理を通した地球との共生や豊かな価値の創造のために取り組みます。
東芝メディカルシステムズ(株)環境活動:http://www.toshiba-medical.co.jp/tmd/company/env/
(株)東芝環境活動:http://www.toshiba.co.jp/env/jp/index_j.htm

※Aquilion ONE、 Made for Lifeは東芝メディカルシステムズ(株)の商標です。

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。