ニュースリリース

東芝メディカルシステムズ株式会社
2013.05.20

コンパクトで機動性に優れたハイエンドクラス超音波診断装置
Xario 200の販売開始について

Xario™ 200

Xario™ 200

東芝メディカルシステムズ(本社:栃木県大田原市 社長:綱川 智)は、コンパクトで機動性に優れたハイエンドクラスの超音波診断装置 Xario™ 200(エクサリオ 200)を開発、5月24日から大阪で開催される日本超音波医学会第86回学術集会に展示するとともに、国内への販売を開始します。

開発の背景

超音波診断装置は、リアルタイムに検査画像が得られ、被ばくの心配が無いことから、腹部臓器や循環器、産婦人科、運動器などの広い臨床分野で、ルーチン検査や精密検査の目的で幅広く使われています。
特に近年、治療方針の決定から治療時のイメージングガイド、その後の経過観察を一貫してフォローできることから、検査室はもとより外来や処置室、病棟などでの使用機会も増えており、小さな病変も見逃すことの無い高性能な装置を、院内各所へ手軽に持ち運べ、誰にでも簡単に操作できることへのニーズが高まっています。
Xarioは2004年の発売以来、eXellence & Advanced Routineの名にふさわしいコンパクトで高性能な装置として、シリーズ合計で20,000台以上を販売し、全世界のお客様にご愛顧いただいてきました。今回発売するXario 200は、そのXarioの基本コンセプトを受け継ぎながら、よりいっそうの小型化と、高画質化を実現。また従来からの東芝独自のエルゴノミクスコンセプト・iStyle™をさらに進化させ、超音波装置を使い慣れていない技師・医師でも簡単に操作できることを目指しました。

Xario 200の主な特長
1. 小型軽量で取り回しのしやすいパッケージング

Xario™ 200

Xario 200は、同等クラスの当社従来装置・Xarioと比較して占有面積で約84%、重さで約55%と、大幅な小型軽量化を実現しています。
プリンタやビデオレコーダー、オプションプローブや心電ケーブルなど、必要な周辺機器やアクセサリを収納するバスケットを装着可能で、移動の際に便利な大型のグリップハンドルと大型の4輪キャスターを備えており、病院内を軽快に移動して検査が開始できます。
消費電力はXarioと比較して約半分に抑えられており、よりいっそうの省エネルギーを実現しています。

2. 使いやすさを追求したiStyleコンセプト

同等クラスでは世界初の19インチLCDモニタを採用しています。フレキシブルな支持アームと、前面の大型グリップハンドルで、検査者はもちろん、補助者や被検者にも見やすい位置に簡単に設定できます。
操作パネルは左右にスイング可能です。高さは最低70cmまで下げられますので、検査者はモニタを見上げることなく、楽な姿勢で検査ができます。操作パネルのボタン配置を自由に変えられますので、お好みに合わせた使いやすいパネルにカスタマイズが可能です。
小型化されたプローブコネクタは、大型の着脱レバーと照明ランプで、暗い検査室内でも容易に着脱できます。
Bモード画質やスペクトラムドプラ波形をワンタッチで最適化するQuick Scanや、患者様の体形や検査部位に応じて多くのパラメーターをボタンひとつで最適化するQuick Startなどの機能により、簡単に最適の画質を得ることができます。

3. 高い基本性能・豊富なプローブラインナップ

Xario 200は、小型軽量化を実現しながらも、Aplio™シリーズ譲りの高い基本性能を継承し、新開発の豊富なプローブラインナップにより腹部、表在臓器、血管、循環器、産婦人科、泌尿器科、運動器、関節リウマチ、透析など、幅広い臨床分野をカバーします。
境界や構造物の視認性を向上させるPrecision Imagingや、コントラスト分解能を高めるApliPure™、深部まで高い分解能を維持するDiferential THIなどのイメージング技術のほか、組織の硬さを映像化するElastographyなど、多彩な機能を搭載可能で、確かな診断を強力にサポートします。

Xario 200の主な仕様
走査方法 セクタ、リニア、コンベックス
視野深度 最大40cm
観察モニタ 19インチLCD
電源定格 AC 100V±10% 最大800VA
外形寸法 473mm(W) × 1,305 ~ 1,535mm(H) × 785mm(D)
重量 75kg
一般的名称 汎用超音波画像診断装置
販売名 超音波診断装置 XARIO 200 TUS-X200
薬事認証番号 225ACBZX00030000

【東芝メディカルシステムズについて】
東芝メディカルシステムズ株式会社は、疾病のスクリーニング、早期発見のための検査システム、画像診断システムをはじめ、治療や治療後のフォローアップまで、あらゆるニーズへのトータルソリューションを世界130カ国以上に提供しています。
当社の経営スローガンである「Made for Life™」(患者さんのために、あなたのために、そしてともに歩むために)を通じ、かけがえのない命とお客様の成長・成功に役立つよう、一層の活動を進めてまいります。
東芝メディカルシステムズ(株)ホームページ:http://www.toshiba-medical.co.jp/

【地球環境への取り組み】
東芝グループの一員である 当社は、「地球内企業」としてより良い地球環境の実現のため、開発、調達、製造、販売、サービス、廃棄段階まで一貫して環境への影響に配慮した医療機器・システムの提供を通じて地球温暖化防止をはじめとし、資源有効活用、化学物質管理を通した地球との共生や豊かな価値の創造のために取り組みます。
東芝メディカルシステムズ(株)環境活動:http://www.toshiba-medical.co.jp/tmd/company/env/ (株)東芝環境活動:http://www.toshiba.co.jp/env/jp/index_j.htm

※Xario、Aplio、iStyle、ApliPure、Madefor Lifeは東芝メディカルシステムズの商標です。

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。