ニュースリリース

東芝メディカルシステムズ株式会社
2014.01.08

多様化するハイブリッド手術室のニーズに答えるInfinix Celeve-i INFX-8000H
新バージョンの販売開始について

東芝メディカルシステムズ株式会社(栃木県大田原市 社長:綱川 智)は、ハイブリッド手術(注1)用システムInfinix Celeve™-i INFX-8000Hの新バージョン、V5.3を2014年1月から販売開始いたします。本システムはハイブリッド手術室のレイアウトの自由度を高めるコンパクトな設計とともに、コーンビーム撮影機能のLow Contrast Imaging(以下LCI)に新たなアルゴリズムを採用し、金属アーチファクトを大幅に低減することに成功しました。またドイツのトルンプ社製手術台との組合せを可能とし、多様化するハイブリッド手術室のニーズに応えます。

開発の背景

ハイブリッド手術室では、様々な機器、器材が多く展開されるため、個々の装置に対してコンパクトさが求められます。さらにコーンビーム撮影機能LCIでは、治療デバイスから発生する金属アーチファクトが画質劣化の要因として問題視されていました。また、ハイブリッド手術に用いられる手術寝台においても、その手技や方式に合わせ、ニーズの幅が広まっています。
このようなニーズに対応すべく、INFX-8000Hの新バージョンV5.3を開発しました。

新バージョンの特長
  • 1. キャビネット類のコンパクト化による省スペース設置
    システムキャビネットやデジタル装置を見直し、各コンポーネントをコンパクト化しました。従来装置の容積と比較し約23%省スペースで設置が可能になりました。これによりハイブリッド手術室のレイアウトにおいて有効なスペースを生み出すことが可能になります。
  • 2. コーンビーム撮影LCIにおける金属アーチファクト除去再構成を追加
    LCIでは、体内に留置された金属の治療デバイスからのアーチファクトによる画像劣化が指摘されていました。これを改善すべくMetal Artifact Reduction(以下MAR)再構成を開発し、金属アーチファクトを大幅に除去します。(図1)MARによってコイルから発生する金属アーチファクトが除去され、近傍の血管が確認できます。
  • 3. 組合せ手術寝台の拡充
    ドイツ トルンプ社製手術台 TruSystem7500との組合せを可能としました(注2)。 TruSystem7500ではカテーテル治療用のカーボン製のテーブルトップCarbon FloatLineが使用できます。Carbon FloatLine使用時には、カテーテル寝台のパニング操作に近い操作性を実現しています。(図2)
販売名 X線循環器診断システム Infinix Celeve-i INFX-8000H
認証番号 220ACBZX00011000
販売名 アンギオワークステーション XIDF-AWS801
認証番号 224ACBZX00032000
製造販売業者 東芝メディカルシステムズ株式会社
販売名 トルンプ手術台 TruSystem7500固定型
認証番号 40B2X00001000028
販売名 トルンプ テーブルトップ Carbon FloatLine
認証番号 40B2X00001000037
製造販売業者 株式会社 セントラルユニ
  • (注1)ハイブリッド手術 外科的処置とカテーテル治療を併用する治療。胸部や腹部大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術や経皮的大動脈弁置換術TAVR(TAVI)が代表的な治療法。
  • (注2)TruSystem7500について、日本国内は株式会社セントラルユニが販売します。

INFX-8000H外観
Infinix Celeve-i

(図1)MAR再構成
図1
脳動脈瘤コイル塞栓術後の画像
MARにてコイルから発生する金属アーチファクトが除去され、近傍の血管が確認できます。

(図2)TruSystem7500
図2 カーボンテーブルトップ組合せ例 カーボンテーブルトップ組合せ例
図2 センサーコントローラ センサーコントローラ
本コントローラを用いることで、テーブルトップの長手および横手移動を直感的なものとしています。

【東芝メディカルシステムズについて】
東芝メディカルシステムズ株式会社は、疾病の早期発見のためのスクリーニング、診断から治療、治療後のフォローアップまで、医療施設におけるワークフロー全般に関するあらゆるニーズへのトータルソリューションを提供する国内市場における画像診断システムのトップメーカーです。
当社の経営スローガンである「Made for Life™」(患者さんのために、あなたのために、そしてともに歩むために)を通じ、かけがえのない命とお客様の成長・成功に役立つよう、一層の活動を進めてまいります。
東芝メディカルシステムズ株式会社 ホームページ:http://www.toshiba-medical.co.jp/

【地球環境への取り組み】
東芝グループの一員である当社は、「地球内企業」としてより良い地球環境の実現のため、開発、調達、製造、販売、サービス、廃棄段階まで一貫して環境への影響に配慮した医療機器・システムを提供しています。地球温暖化防止をはじめとし、医療放射線被ばくの低減、資源有効活用、化学物質の管理など推進し、地球との共生や豊かな価値の創造のために環境保全に取り組みます。
東芝メディカルシステムズ株式会社 環境活動:http://www.toshiba-medical.co.jp/tmd/company/env/
株式会社東芝 環境活動:http://www.toshiba.co.jp/env/jp/index_j.htm

Infinix CeleveおよびMade for Lifeは東芝メディカルシステムズ株式会社の商標です。

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。