ニュースリリース

東芝メディカルシステムズ株式会社
2014.01.14

低流速の血流を描出可能な新しいイメージング技術について
~Superb Micro-vascular ImagingをAplio シリーズに搭載~

Vantage Elan
Aplio™ シリーズ
(Aplio™ 500 / 400 / 300)

東芝メディカルシステムズ株式会社(本社:栃木県大田原市 社長:綱川 智)は、従来は困難であった低流速の血流を非造影で描出できる新しいイメージング技術 Superb Micro-vascular Imaging (スパーブ マイクロバスキュラー イメージング )を開発しました。この新たなイメージング技術は当社超音波診断システムのAplio™ シリーズに搭載可能な機能として、本日より発売を開始いたします。

開発の背景

被ばくのない超音波診断は診断からフォローアップまで幅広い臨床領域で用いられています。特に近年、がんや腫瘍の確定診断から治療方針の決定から治療後の効果判定に有効な診断方法としてその有用性が高まっています。
有効な治療を行うためには、がんや腫瘍を早期に発見し、検査を行うことが必要ですが、従来のカラードプラ法による観察では、微細で低流速の血流の描出に技術的な限界がありました。このため超音波造影剤を使って検出能を高める手法も使われますが、適用部位の制限や患者様の負担から、使用に制約があるのが現状でした。
そこで東芝は、造影剤を使わない状態でも、微細で低流速の血流を描出可能なあたらしいイメージング技術・Superb Micro-vascular Imaging (SMI)を開発し、Aplio ™ 500ほかに搭載可能としました。

Superb Micro-vascular Imaging (SMI)について

東芝はすでに、2001年から高分解能のドプラ技術・Advanced Dynamic Flow™(ADF)により、従来のカラードプラよりも微細な血流の描出を実現していました。この技術をベースに、プレミアムクラス超音波診断装置 Aplioシリーズの先進のアーキテクチャ High Density BeamformingとRael-time Application platformによって、さらに低速の血流検出能を高フレームレートで実現したのがSuperb Micro-vascular Imaging (SMI)です。

Superb Micro-vascular Imaging (SMI)の特長と利点

これまでのドプラ技術の進歩は、血流をより高分解能で描出することを主眼に開発されてきました。SMIは、これに加え、より低い流速を捕らえることを目的に開発されています。
低い流速域で血流描出の妨げとなっていたのは、血流以外の対象物から来る不要のドプラ信号(モーションアーチファクト)でした。従来の技術ではこの両者を区別することができませんでした。

図

SMIではモーションアーチファクト特有の特徴を解析し、臨床上必要な情報のみを取り出すことに成功しました。

図

Superb Micro-vascular Imaging (SMI)に期待される臨床的有用性

SMIは、造影剤の適用されない場合でも、低流速検出能に優れた血流イメージングを提供します。がんや腫瘍、関節リウマチなどの早期診断や治療方針の決定などをサポートすることができます。さらに造影剤を使うことでより感度のよい確かな診断に貢献することが可能です。

販売名称 一般的名称 認証番号
超音波診断装置
APLIO 500 TUS-A500
汎用超音波画像診断装置 222ACBZX00051000
超音波診断装置
APLIO 400 TUS-A400
汎用超音波画像診断装置 223ACBZX00027000
超音波診断装置
APLIO 300 TUS-A300
汎用超音波画像診断装置 223ACBZX00028000

【東芝メディカルシステムズについて】
東芝メディカルシステムズ株式会社は、疾病の早期発見のためのスクリーニング、診断から治療、治療後のフォローアップまで、医療施設におけるワークフロー全般に関するあらゆるニーズへのトータルソリューションを提供する国内市場における画像診断システムのトップメーカーです。
当社の経営スローガンである「Made for Life™」(患者さんのために、あなたのために、そしてともに歩むために)を通じ、かけがえのない命とお客様の成長・成功に役立つよう、一層の活動を進めてまいります。
東芝メディカルシステムズ株式会社 ホームページ:http://www.toshiba-medical.co.jp/

【地球環境への取り組み】
東芝グループの一員である当社は、「地球内企業」としてより良い地球環境の実現のため、開発、調達、製造、販売、サービス、廃棄段階まで一貫して環境への影響に配慮した医療機器・システムを提供しています。地球温暖化防止をはじめとし、医療放射線被ばくの低減、資源有効活用、化学物質の管理など推進し、地球との共生や豊かな価値の創造のために環境保全に取り組みます。
東芝メディカルシステムズ株式会社 環境活動:http://www.toshiba-medical.co.jp/tmd/company/env/
株式会社東芝 環境活動:http://www.toshiba.co.jp/env/jp/index_j.htm

Aplio、Dynamic Flow、Made for Lifeは東芝メディカルシステムズ株式会社の商標です。

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。