ニュースリリース

東芝メディカルシステムズ株式会社
2014.04.08

Aquilion ONEシリーズ、Version 6.0発売開始について

Aquilion ONE
Aquilion ONE / ViSION Edition

東芝メディカルシステムズ株式会社(本社:栃木県大田原市 社長:綱川 智)は、320列エリアディテクターCT  Aquilion ONE™ / ViSION Edition(注1)、ならびにAquilion ONE™ / Global Standard Edition(注2)において、最新クリニカルソフトウエア Version 6.0(バージョン6.0)の発売を開始します。Version 6.0には、「SURESubtraction™(シュア サブトラクション)」、「SEMAR(シーマー)」、「生データベースデュアルエネルギーシステム」などが含まれ、これらの技術によりCTでは困難とされていた様々な症例において、診断が可能となることが期待できます。Aquilion ONEシリーズのための最新クリニカルソフトウエアを総称し「Frontier Suite(フロンティア スイート)」と呼びます。
当社は2007年11月、世界初のエリアディテクターCT Aquilion ONEを発表し今年で7年目を迎えます。2012年に第二世代のAquilion ONE / ViSION Edition、Aquilion ONE /Global Standard Editionを発売開始し、世界で800台超の出荷台数(2014年2月末付)となりました。
今後も新しい技術を開発し、患者さんにやさしく、高い診断価値ある画像を提供していきます。

Frontier Suiteの主な特長
  • SURESubtraction(シュア サブトラクション)」
    近年、生活習慣病に起因する冠動脈疾患が増加しており、冠動脈CT検査は広く普及し、様々な医療機関で行われています。しかしながら石灰化によりX線が透過しづらくなるため、正確な診断の妨げになります。高度石灰化のある患者さんでは診断困難なケースが多く、冠動脈CT検査の適応範囲を広げて欲しいというニーズがありました。
    一方、心臓以外の血管のCT検査では、造影像から単純像を減算するサブトラクション技術を適用することにより、石灰化を除去して血管の診断をしています。
    320列エリアディテクターCTは、寝台を動かさずに1回転で心臓を撮影することができるため、高精度なボリュームデータが得られます。Frontier Suiteの冠動脈サブトラクションは、この320列エリアディテクターCTの特長を活かし、これまで困難とされていた冠動脈の石灰化の除去を実現しました。これにより、高度石灰化で診断が困難とされていた患者さんでも精度の高い冠動脈診断が可能となることが期待できます。
    この他、肺塞栓などの評価が可能なラングサブトラクション(※)、悪性腫瘍の骨浸潤などの評価が可能な骨軟部サブトラクション(※)、などがあります。
  • 「SEMAR(シーマー)」:Single Energy Metal Artifact Reduction
    体内に挿入された金属などのアーチファクトにより、これまで金属周辺の診断が困難でした。逐次近似再構成を応用したSEMARは、金属アーチファクトを低減するため、より高い診断が可能となります。
  • 「生データベースデュアルエネルギーシステム」(※)
    異なる2種類の管電圧から得られるデータを生データ上で高精度処理することで、より精度の高い画像が得られます。これにより、人体構造物の性状を評価できる実効原子番号や 放射線治療計画などに応用可能な電子密度などを解析することができます。
一般的名称 全身用X線CT診断装置
販売名 (注1)
東芝スキャナ Aquilion ONE TSX-301C
(注2)
東芝スキャナ Aquilion ONE TSX-301A
製造販売認証番号 224ACBZX00004000 219ACBZX00029000
  • (※)オプション。システムによって搭載できないものがあります。

【東芝メディカルシステムズについて】
東芝メディカルシステムズ株式会社は、疾病のスクリーニング、早期発見のための検査システム、画像診断システムをはじめ、治療や治療後のフォローアップまで、あらゆるニーズへのトータルソリューションを世界135カ国以上に提供しています。
当社の経営スローガンである「Made for Life™」(患者さんのために、あなたのために、そしてともに歩むために)を通じ、かけがえのない命とお客様の成長・成功に役立つよう、一層の活動を進めてまいります。
東芝メディカルシステムズ株式会社 ホームページ:http://www.toshiba-medical.co.jp/

【地球環境への取り組み】
東芝グループの一員である当社は、「地球内企業」としてより良い地球環境の実現のため、開発、調達、製造、販売、サービス、廃棄段階まで一貫して環境への影響に配慮した医療機器・システムを提供しています。地球温暖化防止をはじめとし、医療放射線被ばくの低減、資源有効活用、化学物質の管理など推進し、地球との共生や豊かな価値の創造のために環境保全に取り組みます。
東芝メディカルシステムズ株式会社 環境活動:http://www.toshiba-medical.co.jp/tmd/company/env/
株式会社東芝 環境活動:http://www.toshiba.co.jp/env/jp/index_j.htm

Aquilion ONE、Vision Edition、SURESubtraction、Made for Lifeは
東芝メディカルシステムズ株式会社の商標です。

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。