ニュースリリース

東芝メディカルシステムズ株式会社
2015.04.16

アンギオシステムにおけるParametric Imaging 新表示法の販売開始について

東芝メディカルシステムズ株式会社(本社:栃木県大田原市 社長:瀧口 登志夫)は、アンギオワークステーション(注1)に標準構成されるParametric Imagingに新たな表示法Color Coded Circulation(CCC)を追加し、2015年4月よりV6.1として販売を開始します。

Parametric Imagingは、Infinix Celeve™-iで撮影された血管造影画像から画像濃度の変化をカラー表示し造影剤の動態を視覚的に表示するものです。新しい表示法CCCでは、造影剤の流れる方向を動画で表示することで、直感的に理解しやすくなります。

Parametric Imagingは血管撮影画像から造影剤到達時間をカラー化し、時間の変化を表示することで、血管撮影画像の情報を補うことができますが、静止画であるため、流れの方向を理解するためにはカラー情報を理解する必要があります。CCCでは、色情報を細かく変化させ、繰り返し動画表示します。色の変化を動画像で観察することにより、造影剤の流れる方向を直感的に理解しやすくしたものです。(動画参照)

国立循環器病研究センター 脳神経外科 佐藤徹先生によりCCCの基礎検討がなされ以下の評価を得ています。

「硬膜動静脈瘻(注2)では、正確にシャントポイント(動脈と静脈が接続している点)の判断が必要になります。DSAや3D撮影では撮影時間分解能と造影剤のコントラストの関係でシャントポイントの判定が困難なことがありましたが、CCCでは造影剤到達時間が色の循環として表示されるため、シャントポイントの同定が簡便になりました。」

Parametric Imagingに追加される新表示法CCCについて

血管撮影装置で得られる撮影画像は、血管内に注入した造影剤をX線で可視化しています(図1)。その画像は、モノクロの画素情報を持ち、連続的にX線を照射することで時間情報も持ちます。Parametric Imagingは、血管撮影装置で得られた連続の動画像から1画素ごとに時間濃度曲線(Time Density Curve, TDC)を作成し、その曲線に対して、様々なパラメータで変換し、画像を作成します。
従来装置では、TDCの最大画素濃度点に到達する時間(Time to Peak, TTP)、最大画素濃度値(Peak Height, PH)およびTDC積分値(Area Under Curve, AUC)を色付け表示(図2)が可能でしたが、V6.1では造影剤到達時間(Time to Arrival, TTA),平均通過時間(Mean Transit Time, MTT)に加え、TTAをもとにした静止画の色を循環させ動画表示するCCCを開発しました。(図3)


(注1):X線循環器診断システムInfnix Celeve-iシリーズに組合せ可能なアンギオワークステーションXIDF-AWS801
(注2):硬膜動静脈瘻とは異常血管により動脈と静脈が毛細血管を経ず直接つながって、穴が開いている(瘻孔形成)状態となり、その瘻孔を通って血液が異常静脈へと流入し、圧の高い血液が正常静脈へと流れ、短絡という状態を起こす。

販売名 認証番号
アンギオワークステーションXIDF-AWS801 224ACBZX00032000

【東芝メディカルシステムズについて】
当社は、株式会社東芝 ヘルスケア社の一員として、疾病の早期診断、早期治療のための患者さんにやさしいさまざまな医療システム・サービスを世界135カ国以上に提供しています。
当社の経営スローガンである「Made for Life™」(患者さんのために、あなたのために、そしてともに歩むために)のもと、みんなが健康でいきいき生活できる社会の実現を目指します。
東芝メディカルシステムズ株式会社 ホームページ:http://www.toshiba-medical.co.jp/

【地球環境への取り組み】
当社は、より良い地球環境の実現のため、開発、調達、製造、販売、サービス、廃棄段階まで一貫して環境への影響に配慮した医療機器・システムを提供しています。地球温暖化防止をはじめとし、医療放射線被ばくの低減、資源有効活用、化学物質の管理など推進し、地球との共生や豊かな価値の創造のために環境保全に取り組みます。
東芝メディカルシステムズ株式会社 環境活動:http://www.toshiba-medical.co.jp/tmd/company/env/
株式会社東芝 環境活動:http://www.toshiba.co.jp/env/jp/index_j.htm

Infinix Celeve、Made for Lifeは東芝メディカルシステムズの商標です。

【参考資料】

(図1)
  
(図1)
硬膜動静脈瘻のDSA例
  
(図2)
  
(図2)
硬膜動静脈瘻のTTP例 (静止画)
(図3)
CCCでは色を循環させ動画表示させる (図3)

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。