ニュースリリース

東芝メディカルシステムズ株式会社
2015.09.29

第88期決算の件

東芝メディカルシステムズ株式会社(本社:栃木県大田原市、社長:瀧口 登志夫)は、平成27年9月28日(月)に開催された臨時取締役会において、第88期(平成26年4月1日~平成27年3月31日)の決算を次のとおり承認しました。

株式会社東芝の不適切会計処理問題を受けた同社における過年度決算修正等の影響により、当社での第88期決算の承認が遅れましたが、当社が関係するヘルスケア事業領域については、今回の第三者委員会の調査結果を含め、何らかの問題がありとの指摘はなされておりません。当社は、今後も適切な経理処理に努め、生命・安全とコンプライアンスを最優先として、東芝グループ一体となって対応を進めてまいります。

なお、今回の決算を受けて臨時株主総会を開催する予定ですが、人事案件の付議は予定しておりません。

Ⅰ.第88期決算概要(単独決算)
売上高
279,967百万円
(前年度 287,126百万円)
経常利益
22,190百万円
(前年度 31,953百万円)
当期純利益
15,849百万円
(前年度 22,924百万円)

当期における医療機器の市場は、全体では堅調に推移しました。国内市場は、消費税増税が医療機関の経営を圧迫し、増税前駆け込み需要があった前年に比べて大幅に縮小しました。米国では、米国医療制度改革の進展に伴う保険加入者の増加により医療機器需要の底上げにつながっていますが、投資のミニマム化を目的としたIDN(大規模医療グループ)が拡大しており、この変化に対応する必要があります。欧州では、西欧において市場の回復傾向がみられるものの、ウクライナ危機の影響によるロシア・東欧市場の低迷により全体として停滞しています。中国では医療機器市場は引き続き成長しているものの、日中問題による影響は継続しています。新興国市場は東南アジアを中心に、年率約5%以上の高い経済成長率が見込まれており、人口増加や疾病構造の変化などにより医療ニーズが高まることが予測されます。当社は、昨年6月マレーシアに販売現地法人を設立、同12月にはマレーシアで初となる医療用画像診断システム工場で超音波画像診断装置の製造を開始しました。また、一昨年に生産を開始したブラジル工場では医用X線CT装置、超音波画像診断装置に引き続き、昨年11月からMRI装置の生産を開始しています。
こうした状況下、当社売上は2,799億円(前年比71億円減)、経常利益は221億円(前年比97億円減)となりました。

【東芝メディカルシステムズについて】
当社は、株式会社東芝 ヘルスケア社の一員として、疾病の早期診断、早期治療のための患者さんにやさしいさまざまな医療システム・サービスを世界135カ国以上に提供しています。当社の経営スローガンである「Made for Life™」(患者さんのために、あなたのために、そしてともに歩むために)のもと、みんなが健康でいきいき生活できる社会の実現を目指します。
東芝メディカルシステムズ株式会社 ホームページ:http://www.toshiba-medical.co.jp/

【地球環境への取り組み】
当社は、より良い地球環境の実現のため、開発、調達、製造、販売、サービス、廃棄段階まで一貫して環境への影響に配慮した医療機器・システムを提供しています。地球温暖化防止をはじめとし、医療放射線被ばくの低減、資源有効活用、化学物質の管理など推進し、地球との共生や豊かな価値の創造のために環境保全に取り組みます。
東芝メディカルシステムズ株式会社 環境活動:http://www.toshiba-medical.co.jp/tmd/company/env/
株式会社東芝 環境活動:http://www.toshiba.co.jp/env/jp/index_j.htm

Made for Lifeは東芝メディカルシステムズ株式会社の商標です。

当ウェブサイトは、医療従事者向けの情報を一部含んでおります。一般の方、患者として医療施設をご利用になる方は、「一般のお客様へ」をご覧ください。